反発係数

ドライバーのフェースはボールをヒットしたときに高反発になるように設計されています。その、高反発があるからこそボールが飛びます。高反発ゴルフドライバーはフェース面の反発を強くしています。フェース面の反発する強さを数値で表現する、反発係数という概念があります。

通常のドライバーの反発係数は、0.83以内とされています。

高反発ゴルフドライバーの反発係数は、0.8305という設定にされています。

反発係数が、0.001高まることで、約1ヤード飛距離が伸びると言われています。つまり、強い反発でボールを飛ばしますから、その分だけ飛ぶということになります。

ならば、もっと反発を高めた方が良いと考えてしまうのですが、反発を高めるにはドライバーのフェース面を薄くしなければいけません。薄くすることでフェース面が反発をします。フェース面が薄すぎてしまうと、耐久力が落ちてしまい、フェース面が割れてしまうことがあります。

高反発ゴルフドライバーの反発係数は、0.8305 となっています。これは、飛距離アップもできるし、フェース面の耐久力も維持した設計になっているということです。

関連記事
2017年 ドライバー売れ筋 紹介 2017年 ドライバー売れ筋を確認することで、人気の高いドライバーを知ることができます。また、旧モデルでもいまでも人気のあるドライバーもあります。最新モデルが必ずしも良いという訳ではなさそうです。2017年 ゴルフシーズン始まりに新しいドライバーに買い替えを考えているのであれば、参考になるかと思いま...
リョーマゴルフのドライバーはシニアのためだけじゃない... 飛距離が落ちれば、レギュレーション通りにゴルフをすることが難しくなってきます。レギュレーション通りにボールを運ぶことができなくなってくると、スコアをまとめてくることも難しくなってきます。寄せてワンパットが基本となってしまいます。飛ばなくても、寄せワンでスコアを作れるのであれば、それなりにゴルフはでき...
タイガー・ウッズ テーラーメイドM2ドライバー使用... ヒーローワールドチャレンジには、ホストとして、そして復帰をかけて出場してきたタイガー・ウッズが出場しました。タイガー・ウッズが使用していたドライバーが、M2ドライバーでした。   WHAT'S IN THE BAG: Taking a look at Tiger Woods...
ボールの置き方でスライスを軽減する... スライスが多く出てしまうという場合は、スイングや打ち方の問題よりも、ボールの置く位置を疑ってみるとスライスを軽減できることがあります。   ドライバーでのアッパーブロー アッパーブローというのは、ゴルフクラブを振り下ろして、クラブヘッドが最下点を過ぎた後に、クラブヘッドが上に...
違反にならない高反発加工 一般的にゴルフドライバーの高反発加工、COR加工はルール違反になると言われています。たしかに、ゴルフ規則にはスプリング効果規則(SLE規制)のことが記載されています。SLEルールの上限、COR値で0.830以内・CT値257を越えるクラブは正式な競技では使用できないとされています。 市販されて...