高反発ドライバーは、SLEルール不適合、非公認

昔は、高反発ドライバーが普通に販売されいていた時代がありました。SLEルールというのは、ゴルフクラブの反発を規制するためのルールです。2008年1月1日よりスプリング効果の基準値を超えたものはルール不適合のゴルフクラブであると制定されました。それ以降、高反発なゴルフクラブを使用して競技に出場すると、失格となってしまいました。

 

 

SLEルール

SLE の意味は、Spring Like Effect の 頭文字をとったものです。スプリングのような効果、スプリングのような反発という意味があります。日本ではトランポリン効果と呼ばれることもありますし、ゴルフ規則の中では スプリング効果という言葉が使われています。

ゴルフクラブでボールを打ったときのフェース面の反発のことを指しており、フェース面の反発が高いと飛びますし、反発が低ければ飛ばないということです。

まさしく、トランポリンと同じような効果があるということです。反発の高いトランポリンであれば、高くジャンプできますから、その仕組みがゴルフクラブのフェース面にあるということです。

具体的には、ゴルフクラブのフェース面に関しては反発係数 0.83以内とされています。
反発係数というのは、反発力を示すための係数のことです。

目次に戻る

 

 

 

SLEルール制定の理由

ゴルフクラブの進化が速く、ドライビングパフォーマンスは向上してきました。今までのゴルフ場では、距離が短くなってしまいますから、SLEルールでゴルフクラブの反発を規制するということになりました。

反発を規制するということは、言葉替えて表現をすると、ルールで飛距離を抑える ということになります。今までは、高反発で飛ばせました。ゴルファーの技術よりも、ゴルフクラブの反発力に頼って飛ばすこともできました。

目次に戻る

 

 

 

現代の高反発ゴルフドライバー

現代の高反発ゴルフドライバーは、言葉通り高反発です。フェース面の反発を高めているモデルです。ですから、ルール適合モデルよりも飛ばすことができます。フェース面の反発が高ければ、ボール初速が速くなりますし、飛距離アップに繋がります。ただし、正式な競技で使用することはできません。

目次に戻る

 

 

 

昔は、普通に高反発ゴルフドライバーが販売されていた

SLEルールが制定されるまえ、2007年頃くらいまでは、高反発ゴルフドライバーが普通に販売されていました。同じメーカーが発売される、モデルのロフト違いによっては、低反発、高反発と2種類のモデルがあったりもしました。当時の高反発もよく飛びました。今でも使っている人は多いのではないでしょうか。高反発は飛ぶから使いたいという気持ちもありますが、当時の高反発ゴルフドライバーは、フェースの真芯で打てると、言葉では表現できない、心地よい打感と打音でした。その心地よさが忘れられないから、高反発を使うという人も居ます。

現代のゴルフクラブは進化し過ぎたのかもしれません。昔のクラブは、自分から一生懸命打ちに行かなければ、飛ばないというような側面もありましたので、ゴルファーのスイング、打ち方によって大きく左右されました。

現代のゴルフクラブは、シンプルで簡単となりゴルファーを選びません。だから、優しいゴルフができるのだろうと思うのですが、ゴルフクラブという道具でボールを打つという楽しみは半減しているかもしれませんね。

目次に戻る

 

 

 

ゴルフ規則

目次に戻る

 

 


おすすめ関連記事

併せて読んで欲しい記事

プロギア スーパー エッグ ドライバー 金エッグ (高反発モデル)...
views 32
  プロギアの高反発ドライバーです。プロギアは、もともとフェース面の反発が高いドライバーを作っていることから、高反発ドライバーの方も、反発係数が高くなっています。フェース面には、DAT55G チタンを使用しており、反発の高さを追求しています。スイートエリアが、拡大されており、芯を外し...
プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバー...
views 21
  プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバー 特長 プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバーは、反発係数0.855以上、スイートエリアも広がっており、打点がズレても高反発で飛ばせるドライバーです。ヘッドスピード 4...
ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー...
views 21
  ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー 特長 反発係数0.86という高反発で飛ばします。チタンの中でも強度が強いと言われている、DAT55G+を使用してフェースが作られており、肉薄化にも耐えられる強さを持っています。限界ギリギリの反発係数となって...
昔の高反発ドライバーと最近のドライバー、どっちが飛ぶ?...
views 115
昔のドライバーの殆どは、高反発ゴルフドライバーが主流でした。SLEルールでも、反発係数(COR)0.83超えが認められていた時代です。2008年には、SLEルールが改定されて、反発係数(COR)が、0.83以内までと定められました。既に10年も前の話です。 昔の高反発ゴルフドライバーというのは...
高反発ゴルフドライバーが飛ぶ理由
views 148
高反発ゴルフドライバーは飛ぶと言われていますが、何故、飛ぶのかという理由を知っている人は少ないかもしれません。高反発だから、フェース面の反発が高いのだろうというイメージはあると思いますが、それ以外にも飛ばすための仕組みを取り入れてます。一般的に市販されているドライバーと何が違うかなどをまとめてみまし...
高反発ドライバーの高反発とは? 反発係数の説明
views 128
高反発・・・その言葉は、ゴルフに詳しい人であれば、すぐにわかります。高反発ゴルフドライバーのことです。フェース面の反発係数がSLEルールによって定められた反発係数 0.83を超えた、高反発となっているゴルフクラブのことです。 高反発とは 目次 高反発ゴルフドライバー 反発係数・COR ...
地クラブで飛距離アップした葭葉ルミ
views 27
今年の女子ツアーで飛ばし屋といえば、葭葉ルミです。渡邊綾香よりも飛ばしてますし、キム・ハヌルよりも飛んできます。今年一番のドライバーパフォーマンスを誇っている葭葉ルミが使っているドライバーが、地クラブのCRAZY CRZ 435ドライバーです。 CRAZY CRZ 435   ...
高反発ドライバーの飛距離、高反発は飛距離が伸びる!
views 26
高反発ゴルフドライバーは、フェースを肉薄化しており、反発係数が高くなていますので、飛びます。どれくらいの飛距離になるかをまとめてみましたので、高反発ゴルフドライバー選びの情報のひとつとして、参考にして下さい。 高反発ゴルフドライバーの飛距離、高反発は飛距離が伸びる! 目次 反発係数が高い...
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか?
views 54
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? 飛びます!高反発ゴルフドライバーが、実際にどれくらい飛ぶのかを考えてみます。フェース面の反発係数とシャフトの長さに焦点を当ててみようと思います。 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? フェースの反発 シャフトの長さ 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか?...
高反発ゴルフドライバー