ZEUS IMPACT 高反発ドライバー


写真:アトミックゴルフ

キャスコから飛ばせるドライバーが登場しました。ヘッドスピード 40ms/以下の人だけに向けて作られた高反発ドライバーです。シャフトのトルクも多目となっており、しっかりと撓らせることができるシャフトになっています。キャスコの白ヘッドの高反発ドライバーです。ヘッドが体積も大きめとなっており、485ccです。

ロフト角の種類、シャフトの種類が幾つかありますので、ご自分のスイングに合わせて購入下さい。

 

ZEUS IMPACT 高反発ドライバー 特長

非力なゴルファーのために設計された、高反発ドライバーですから、反発係数が高くなっており、ヘッド体積も大きくなっています。そして、軽量です。軽くて振り易くて、ヘッドが大きければ、強い遠心力を発生させて、さらに強いインパクトでボールを弾き飛ばします。

  • 反発係数:0.851
  • ヘッド体積:485cc
  • クラブ重量:270グラム(軽量)

紹介動画

 


併せて読んで欲しい記事

ドライバー飛距離180ヤードからの飛距離アップ
views 1178
自分のドライバー飛距離をご存知ですか? 飛んでいると思っていても、実際は200ヤードも飛んでいないことが多いです。実測で180ヤードくらいである場合が多いです。何故、ドライバーが飛ばないのかを考え、分析し、何処を修正すれば良いのかを見出すことができれば、180ヤード前後の飛距離から10ヤードくらいの...
高反発ドライバーが飛ぶ理由
views 1053
更新:2018年07月06日 高反発ドライバーは飛ぶと言われていますが、何故、飛ぶのかという理由を知っている人は少ないかもしれません。高反発だから、フェース面の反発が高いのだろうというイメージはあると思いますが、それ以外にも飛ばすための仕組みを取り入れてます。一般的に市販されているドライバーと何が...
XXIO(ゼクシオ)昔の高反発ドライバー
views 3216
あの、ゼクシオにも高反発モデルがあります。よく飛びます。昔から、打ちやすくて、よく飛ぶドライバーでした。打音、打感がとても心地よいモデルが多いです。今でも使っている人を見かけることがあります。さすがにシャフトは差し替えていますが。10年以上前の高反発ドライバーですが、そのモデルに慣れてしまって、変更...
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか?
views 1709
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? 飛びます!高反発ドライバーが、実際にどれくらい飛ぶのかを考えてみます。フェース面の反発係数とシャフトの長さに焦点を当ててみようと思います。 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? フェースの反発 シャフトの長さ 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? ド...
最近の飛ぶドライバーは、シャフトが長いので要注意
views 717
最近のドライバーは、シャフトが長くなってきていますので、注意が必要です。今までは、45インチ前後くらいが標準的な長さでしたが、最近では 45.75インチくらいの長さが主流となってきています。 ドライバーの性能の大半はシャフトで決まります。シャフトが自分のスイングに合っていなければ、最新モデルの...
お値打ち! 人気ドライバー、高反発ドライバー 1万円~2万円以内...
views 2712
更新:2018年04月07日 お値打ち! 人気ドライバー、高反発ドライバー 1万円~2万円以内の高反発ドライバーの紹介です。たまに、新聞広告に掲載されている高反発ドライバーを見たことありませんか? あの新聞広告に掲載されていた、高反発ドライバーも紹介していきます。お値打ちな高反発ドライバーを紹介し...
2017年7月 夏の高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND 試打動画
views 2050
2017年7月 夏の高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND 試打動画 最新、HAYABUSA BEYOND 試打レビュー 前回、高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND を試打した時期が冬でした。しかも、夜でした。冬は気温が低くて、ボールが飛びません。夜ならば、...
ドライバー の スライスを治すだけで飛ぶ! 飛距離アップができる...
views 1016
飛距離アップするには適切な打ち方が必要になります。併せて、打ち方だけではなく、自分の弱点を補ってくれるような飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップすることができます。高反発ドライバーを使っても、スライスばかり打っていては、飛距離アップはできません。スライスの原因、スライスを克服してこそ、飛距離アップ...
アキラ AR-V 高反発 ドライバー
views 1170
AKIRAといえば、ドラコン用のドライバーなど、超ぶっ飛び系のドライバーを連想します。そんな、AKIRAから高反発ドライバーが登場しました。高反発となっていますので、ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーには推奨できません。フェース面が割れてしまうからです。とてもフェース面が肉薄化されており、反発...
Scroll Up
超高反発性能のドライバー | 20180207