今でも人気ドライバー! テーラーメイドの高反発ドライバー

 

 

今での人気ドライバー! 昔のテーラーメイドの高反発ドライバー

その昔、SLEルールが制定される前は、当たり前の様に高反発ドライバーが販売されていました。特に、キャロウェイ、テーラーメイドのドライバーは、よく飛んでくれたことを今でも思い出します。

各メーカーの飛距離合戦は、高反発だったという時代があります。ただ、飛び過ぎてしまうということから、SLEルールによりフェース面の反発係数を定められてしまいます。

私は、父親がテーラーメイドが好きだったということもあり、ゴルフを始めた頃から、テーラーメイドのゴルフクラブに慣れ親しんできたということもあり、昔のテーラーメイドのドライバーを実際に打ったことがあります。物置を探せば、まだあるかもしれません。昔のクラブは見ているだけで楽しいものです。懐かしい気持ちになってきます。あの頃は、全然スコア100切れなかった自分が、今では そこそこのゴルフができるようになったなんて不思議だなと思うこともあります。

高反発ドライバーは、SLEルール非適合なのですが、競技などに出場しなければ、使うことができますし、場合によっては新しいモデルのドライバーよりも飛ばせる潜在能力を秘めています。

中古市場を探せば、いまでもテーラーメイドの高反発ドライバーを購入することができます。高反発ドライバーの真芯で打てたときの一発の飛びというのは、とても気持ちが良い。打感が最高です。人気ドライバーとなる理由が納得できる、飛びでした。

現代の形へとドライバーが進化してきたのは、その昔につくられた高反発ドライバーがあったからだとも言えます。

目次に戻る

 

 

昔のテーラーメイド 高反発ドライバーの特徴

昔のテーラーメイドの高反発モデルが、人気ドライバーだと言われる最大の理由は、飛ぶからです。本当に、よく飛びます。最近の新しいモデルのドライバーと同じくらいに飛びます。ただし、スイートエリアが狭いので、芯で打つのが難しいです。

高反発で飛ぶ

とにかくフェース面が高反発なので、フェースの真芯で打てれると、よく飛びました。現代のドライバーに比べると、バックスピンが多くかかってしまい、高弾道となってしまうこともありましたが、よく飛びます。むしろ、高反発の方が高弾道になるので、キャリーが出せます。もしかしたら、最近の低スピンなドライバーよりもキャリーが出ているように感じる事もあります。

ヘッド体積が小さい

現代のドライバーと比べると、昔の高反発ドライバーのヘッドは小さ目となっていました。現代のドライバーよりもヘッドが返り易い印象がありましたし、ゴルファーが操作する、ヘッドを返していくという打ち方が当たり前の時代だったということもあります。ヘッド体積が小さいということは、自然と重心距離が短くなりますから、捉まりの良いドライバーが多かったです。

クラブ全長が短め

ドライバーの全長が短めとなっており、44.5インチなどのドライバーが多かったです。現代のドライバーよりも1インチ以上短かったです。そして、振り抜きやすい印象がありましたし、フェースの芯でしっかりと打っていける感じがしました。

目次に戻る

 

 

テーラーメイドの高反発ドライバーを紹介します

テーラーメイド 昔の高反発モデルは、今の時代でも人気がありますので、直ぐに売り切れてしまうことがありますので、お買い求めはお早めにどうぞ。とくに、R-300、R-360 は 中古市場での品数も多いですが、売り切れることもあります。

テーラーメイドの高反発ドライバーは、昔のモデルです。ですから、長持ちしないかもしれませんし、フェース面が割れてしまうこともあります。シャフトはヘタっているか、リシャフトが必要か。グリップも摩耗していることもあります。ただ、ひとつ確実なことは、古くても、値段が安くても、高反発は飛ぶ というこです。数千円で購入ができますので、興味があれば、1本試してみて下さい。

昔のテーラーメイドの高反発ドライバーは、以下のURLにまとめました。シャフトスペック、トルクも判る範囲で記載しましたので、参考にしてください。月例、競技に参加しないというのであれば、昔の高反発ドライバーを使ってみるのも良いです。私もネットで一人予約でゴルフへ行くと、お年と召した人が、昔の高反発ドライバーを使っていることがあります。ただ、私自身は、まだまだ月例に出たり、競技に出たりしているので、2008年SLEルール適合モデルを使うことが多いです。ですが、友人とのラウンドでは、高反発モデルを使うことは多々あります。冬は、ドライバーもボールも高反発を使って、遊ぶこともります。やっぱり、飛びます。

目次に戻る

 

 

テーラーメイド R540XD ドライバー


PHOTO:GolfPartner

 

中古市場価格帯:3,000円~

 
目次に戻る

 

 

テーラーメイド R540 ドライバー


PHOTO:GolfPartner

 
中古市場価格帯:3,000円~

 
目次に戻る

 

 

テーラーメイド r5 dual TYPE D


PHOTO:GolfPartner

 
中古市場価格帯:4,000円前後

 
目次に戻る

 

 

テーラーメイド XR 05 Cti


PHOTO:GolfPartner

 
中古市場価格帯:3,000円~

 
目次に戻る

 

 

テーラーメイド r7 XR ドライバー


PHOTO:GolfPartner

 
中古市場価格帯:3,500円~6,000円前後

 
目次に戻る

 

 

テーラーメイド R360 XD


PHOTO:GolfPartner

 
中古市場価格帯:3,200円前後

 
目次に戻る

 

 

その他の高反発ドライバー

その他、人気の高反発ドライバーがあります。昔のテーラーメイドの高反発モデルもありますし、お値打ちの高反発ドライバーもありますので、チェックしてみてください!

 
目次に戻る

 

 


併せて読んで欲しい記事

ドライバー の スライスを治すだけで飛ぶ! 飛距離アップができる...
views 324
飛距離アップするには適切な打ち方が必要になります。併せて、打ち方だけではなく、自分の弱点を補ってくれるような飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップすることができます。高反発ドライバーを使っても、スライスばかり打っていては、飛距離アップはできません。スライスの原因、スライスを克服してこそ、飛距離アップ...
アキラ AR-V 高反発 ドライバー
views 352
AKIRAといえば、ドラコン用のドライバーなど、超ぶっ飛び系のドライバーを連想します。そんな、AKIRAから高反発ドライバーが登場しました。高反発となっていますので、ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーには推奨できません。フェース面が割れてしまうからです。とてもフェース面が肉薄化されており、反発...
高反発ドライバー 加工(COR加工)
views 827
市販されているゴルフドライバーの反発係数と高反発加工事例を考えてみましょう。 高反発ドライバー 加工(COR加工) 目次 高反発とゴルフ規則(ルール) 市販されているドライバーの反発係数 高反発加工すると、どれくらい飛ぶのか? フェースを研磨しまくって超高反発にすれば、もっと飛ぶ!...
最近の飛ぶドライバーは、シャフトが長いので要注意
views 138
最近のドライバーは、シャフトが長くなってきていますので、注意が必要です。今までは、45インチ前後くらいが標準的な長さでしたが、最近では 45.75インチくらいの長さが主流となってきています。 ドライバーの性能の大半はシャフトで決まります。シャフトが自分のスイングに合っていなければ、最新モデルの...
ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる
views 1312
ヘッドスピードが遅い場合は、高反発ゴルフドライバー、飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップができます。ヘッドスピードが遅くて飛距離が出ないと嘆いているゴルファーは多いです。ですが、考え方を変えることで、ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる可能性があります。ヘッドスピードが速いゴルファーとヘッド...
人気の高反発ドライバー おすすめリスト
views 612
2017/12/12更新 高反発は、やっぱり飛びます。飛ぶドライバーと言われる理由としては、フェース面の反発係数が高いという点です。飛ばすには、フェース面の反発係数が高い方が良いです。人気のある高反発ドライバーをまとめましたので、高反発ドライバー選びの参考にしてください。 人気の高反発ドライバー...
地クラブ、飛ぶドライバーは、値段が高いけど、飛ぶ!
views 219
飛ぶドライバーは、値段が高いというのが定説かもしれませんね。というのも、女子プロゴルファーの葭葉ルミが地クラブを使いはじめてから、ドライビングディスタンスの部門でダントツ1位となりました。その地クラブというのが、CRAZY(クレイジー)の CRAZY FX MB-435 というドライバーヘッドです。...
つるや アクセルゴールドプレミアム II 高反発ドライバー
views 315
反発係数 0.86の高反発ドライバーです。フェースには、Sat2041 βチタンを採用しています。この素材は、高強度なチタン合金です。ブリジストンのゴルフクラブにも使用されていることがあります。シャフトが長目となっており、46.5インチです。 シャフトが長目の設定となっていますが、シ...
本当はドライバーで平均200ヤード飛べば上級者
views 1539
自分自身のドライバーショットの飛距離を把握しているというゴルファーは少ないです。真芯に当たって、今日イチの飛びだったと思っても、実際は200ヤードくらいしか飛んでいないことが多いです。ドライバーショットの飛距離アップを目指すのであれば、自分自身の本当のドライバーの飛距離を把握することが先決です。 ...
Scroll Up
飛ぶドライバー 2017年〜2018年|人気の高反発モデル紹介 | 20180207