テーラーメイドの高反発ゴルフドライバー

その昔、SLEルールが制定される前は、当たり前の様に高反発ドライバーが販売されていました。特に、キャロウェイ、テーラーメイドのドライバーは、よく飛んでくれたことを今でも思い出します。

各メーカーの飛距離合戦は、高反発だったという時代があります。ただ、飛び過ぎてしまうということから、SLEルールによりフェース面の反発係数を定められてしまいます。

私は、父親がテーラーメイドが好きだったということもあり、ゴルフを始めた頃から、テーラーメイドのゴルフクラブに慣れ親しんできたということもあり、昔のテーラーメイドのドライバーを実際に打ったことがあります。物置を探せば、まだあるかもしれません。昔のクラブは見ているだけで楽しいものです。懐かしい気持ちになってきます。あの頃は、全然スコア100切れなかった自分が、今では そこそこのゴルフができるようになったなんて不思議だなと思うこともあります。

高反発ドライバーは、SLEルール非適合なのですが、競技などに出場しなければ、使うことができますし、場合によっては新しいモデルのドライバーよりも飛ばせる潜在能力を秘めています。

中古市場を探せば、いまでもテーラーメイドの高反発ドライバーを購入することができます。高反発ドライバーの真芯で打てたときの一発の飛びというのは、とても気持ちが良い。打感が最高です。

現代の形へとドライバーが進化してきたのは、その昔につくられた高反発ドライバーがあったからだとも言えます。

 

昔のテーラーメイド 高反発ドライバーの特徴

高反発で飛ぶ
とにかくフェース面が高反発なので、フェースの真芯で打てれると、よく飛びました。現代のドライバーに比べると、バックスピンが多くかかってしまい、高弾道となってしまうこともありましたが、よく飛びます。むしろ、高反発の方が高弾道になるので、キャリーが出せます。もしかしたら、最近の低スピンなドライバーよりもキャリーが出ているように感じる事もあります。

ヘッド体積が小さい
現代のドライバーと比べると、昔の高反発ドライバーのヘッドは小さ目となっていました。現代のドライバーよりもヘッドが返り易い印象がありましたし、ゴルファーが操作する、ヘッドを返していくという打ち方が当たり前の時代だったということもあります。ヘッド体積が小さいということは、自然と重心距離が短くなりますから、捉まりの良いドライバーが多かったです。

クラブ全長が短め
ドライバーの全長が短めとなっており、44.5インチなどのドライバーが多かったです。現代のドライバーよりも1インチ以上短かったです。そして、振り抜きやすい印象がありましたし、フェースの芯でしっかりと打っていける感じがしました。

 

テーラーメイドの高反発ドライバーを紹介します

テーラーメイド 昔の高反発モデルは、今の時代でも人気がありますので、直ぐに売り切れてしまうことがありますので、お買い求めはお早めにどうぞ。とくに、R-300、R-360 は 中古市場での品数も多いですが、売り切れることもあります。

テーラーメイドの高反発ドライバーは、昔のモデルです。ですから、長持ちしないかもしれませんし、フェース面が割れてしまうこともあります。シャフトはヘタっているか、リシャフトが必要か。グリップも摩耗していることもあります。ただ、ひとつ確実なことは、古くても、値段が安くても、高反発は飛ぶ というこです。数千円で購入ができますので、興味があれば、1本試してみて下さい。

 

R-300Ti 高反発ドライバー
下のURLはAMAZONショップにリンクしてます。
R-300Ti ドライバー 価格詳細
R-360Ti 高反発ドライバー
下のURLはAMAZONショップにリンクしてます。
R-360Ti ドライバー 価格詳細
R360 XD 高反発ドライバー
2003年モデル
高反発モデル
SLEルール不適合
ヘッド体積 360cc
下のURLは、ゴルフパートナー公式オンラインショップにリンクしてます。
テーラーメイド R360 XD(高反発モデル)
R-540Ti 高反発ドライバー
下のURLは、AMAZONショップにリンクしてます。
R-540Ti ドライバー 価格詳細
R540 XD 高反発ドライバー
2003年モデル
高反発モデル
SLEルール不適合
ヘッド体積 400cc
下のURLは、ゴルフパートナー公式オンラインショップにリンクしてます。
テーラーメイド R540 XD(高反発モデル)
r5 dual TYPE D 高反発ドライバー
2005年モデル
高反発モデル
SLEルール不適合
ヘッド体積 450cc
下のURLは、ゴルフパートナー公式オンラインショップにリンクしてます。
テーラーメイド r5 dual TYPE D(高反発モデル)
XR 05 Cti 高反発ドライバー
2003年モデル
高反発モデル
SLEルール不適合
ヘッド体積 460cc
下のURLは、ゴルフパートナー公式オンラインショップにリンクしてます。
テーラーメイド XR 05 Cti(高反発モデル)

 

上で紹介したドライバーは、全て高反発モデルです。現代では、SLEルール不適合モデルとなっています。今でも、使っている人を見かけますが、現代の新しいドライバーよりも、昔の高反発ドライバーを好んでいるんでしょう。それほど、飛ぶし、打感も打音も心地よさがあります。

懐かしい飛びを楽しんでみるのも悪くありませんね。

 
 

高反発ゴルフドライバー 関連記事

飛ぶドライバー 2017年|高反発ゴルフドライバー