高反発ドライバーの見分け方

更新:

高反発ドライバーの見分け方を考えてみましょう。クラブ競技で、同伴者が高反発を使っているかも?と思ったことはありませんか? ドライバー購入する前に、もしかしたら高反発かもしれないと思ったことはありませんか? 高反発なのかどうかを見分ける方法を考えてみました。

 

高反発なのか、どうかという意味は?

高反発ドライバーなのか、どうかということは、SLEルール適合しているのか、SLEルール不適合なのかということです。

 

購入するときに確認する方法

ドライバーを購入する時に、高反発なのかどうかを確認するのは、簡単です。カタログに、SLEルール適合、または SLEルール不適合と記載されているからです。それによって、高反発なのかどうかを判断することができます。メーカーによっては、シャフトの手元側にシールが張られており、小さな文字で SLEルール適合と記載されていることもありますので、視認して確認することができます。

または、地クラブなどの場合は、英語で Conforming Driver Heads と記載されていることもあります。 Conforming Driver Heads の意味は、ルール適合ヘッド という意味です。

 

同伴者が使っているドライバーを確認したい

クラブ競技、月例などで、同伴者が高反発を使っているのではないだろうか?と思ったときに、見た目では判断できないというのが正直なところです。ただ、打音でなんとなく判断できることがあります。高反発モデルの場合は、フェースを肉薄化していますので、とても甲高い音がするからです。甲高い音がするからといって、SLEルール不適合の高反発ドライバーであるとは、言い切れません。同伴者に疑いをかけて、その場の雰囲気が悪くなってしまうこともあるということから、なかなか言い出せないこともあります。

使用しているドライバー、1本ずつ確認するということは、なかなか難しいので、高反発モデルを使っているのかどうかを探ることは、難しいと言えます。

あまり書きたくないのですが、市販されているドライバーを高反発加工したドライバーを使用して、競技に参加している人も少なからずいます。必ず、疑われます。疑われるのが嫌だから、SLEルール適合範囲内で反発を高めてある、地クラブを使うという人は多いです。

または、USGAのルール適合ヘッド一覧を確認すると良いです。以下は、USGA ルール適合ヘッド一覧のPDFファイルです。ファイル容量が重いので、注意して下さい。
List of Conforming Driver Heads(英語)

 

高反発加工されていると見分けがつかない

市販されているドライバーを、高反発加工されている場合は、見分けがつかないことが殆どです。肉薄化されたことによって、甲高い金属音が鳴らないように、ヘッド内部に消音材を注入している場合もあります。高反発なのかどうかは、感覚で判別するしかなくなります。

高反発加工の場合は、フェース面を研磨しますので、フェースのスコアラインが消えていたら、高反発加工している疑いがあります。ですが、最近ではスコアラインをレーザー彫刻で復元することもできますので、一概には言えません。

高反発加工して、ヘッド内部に消音材を入れている場合は、「パスン!」という独特の打音がすることがありますので、なんとなく判ります。ただ、本当に高反発なのかどうかは、難しいところです。打音だけでは、確実に見破ることは難しいです。だけど、消音材を入れているということは、甲高い金属音を消したいという意図があるはずなので、フェース面が肉薄化されている可能性は高いです。

 

昔の高反発モデルの場合

2008年SLEルール制定前に販売されていた、高反発モデルも今現在では、SLEルール不適合モデルとなります。昔の高反発モデルの場合は、フェース面のスコアラインが、フェースの真ん中だけスコアラインが無い場合は、高反発モデルだったりします。スコアラインの有無で、高反発モデルなのかどうかを判別していた時代がありました。

ダンロップ スリクソンは、スコアラインの有無で高反発モデルかどうかを判別していました。ダンロップ スリクソンの場合は、以下のURLより確認することができます。

 

高反発モデルじゃなくても、不適合モデルがある

高反発ドライバーじゃなくても、SLEルール不適合となるモデルもあります。それは、ヘッド体積がルールで定められている460cc以上の体積のモデル。48インチ以上の長尺ドライバー、フェース面は高反発じゃなくても、ヘッド内部にスプリングを取り付けていたり、フェース面の反発力を高める構造となっているモデルもルール不適合モデルとなります。

 

関連記事


その他、おすすめ関連記事

高反発ドライバーの打ち方 高反発ドライバーの打ち方の紹介です。先に答えを書きますが、従来のドライバーと打ち方は殆ど変りません。いつも通りにスイングしてもらうだけで飛ば...
2017年7月 夏の高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND 試打動画... 更新:2018年11月19日 2017年7月 夏の高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND 試打動画 最新、HAYAB...
昔の高反発ドライバーと最近のドライバー、どっちが飛ぶ?... 昔のドライバーの殆どは、高反発ドライバーが主流でした。SLEルールでも、反発係数(COR)0.83超えが認められていた時代です。2008年に...
ドライバー飛距離180ヤードからの飛距離アップ... 自分のドライバー飛距離をご存知ですか? 飛んでいると思っていても、実際は200ヤードも飛んでいないことが多いです。実測で180ヤードくらいで...
飛ぶドライバー、人気ドライバーの要素 2018年~2019年... 更新:2018年09月15日 飛ぶドライバー、人気ドライバーの要素 2018年~2019年 人気ドライバー、飛ぶドライバ...
シニア向け 飛ぶドライバー、人気ドライバー... 更新:2018年12月28日 シニア向け 飛ぶドライバー、人気ドライバー シニア向け 飛ぶドライバー、人気ドライバー ...
長尺ドライバーはスライスしない? 更新:2018年11月19日 長尺ドライバーはスライスしない? 長いシャフトはヘッドスピードを速くしてくれます 長尺ドライ...
超高反発性能のドライバー | 20180207