高反発ドライバー と 高反発ボールの組み合わせ

高反発ドライバー と 高反発ボールの組み合わせで、どれくらい飛距離アップできるのかを考えてみます。反発係数の高いドライバーと、反発係数の高いゴルフボールを使えば、相乗効果により飛距離アップを目指せる可能性がります。

 

高反発ドライバーの反発係数

一般的に市販されているドライバーの反発係数は概ね0.81くらいであるとされています。それは、ルール適合させるためという理由もあります。併せて、フェース面を薄すぎると割れてしまうという恐れがあるからでしょう。

高反発ドライバーの反発係数を0.84と過程します。

反発係数 が 0.001 高くなると 飛距離は約1ヤード飛ぶとされています。

反発係数0.81 から 高反発0.835 のドライバーにした場合、その差は 0.035 となります。反発係数だけで飛距離を算出すると、高反発0.835のドライバーの方が約25ヤードの飛距離アップができるということになります。※あくまでも目安です。

冬ゴルフは高反発ボールを使って飛ばす

冬ゴルフは気温が低くてボールが飛びにくいです。冬ゴルフこそ、高反発ボールを使って飛距離を出した方が良いです。とくに冬ゴルフは芝生も刈れており、かなり難しいアプローチなども要求されますので、ティーショットでしっかりと飛ばしておいた方がアドバンテージがあります。

目次に戻る

 

 

高反発ゴルフボールの反発係数

一般的なディスタンス系のゴルフボールの反発係数は0.75前後とされています。高反発ゴルフボールは、飛ばすことだけを考えた反発の高いボールとなっており、その反発係数は0.8を超えてくるようなゴルフボールもあります。

ゴルフボールの高反発はボール初速をアップさせることができます。概ねボール初速が3m/sから4m/s程度速くなります。

ボール初速が速くなるというのは、ヘッドスピードが速くなったことと似たような効果が得られます。ボール初速が1m/s速くなると、約5ヤード前後は飛ぶとされています。高反発ゴルフボールでボール初速が3m/s速くなったとしたら、約15ヤードの飛距離アップができます。

本当に飛距離アップしたい人は、高反発ドライバーと高反発ボールを使っています。

目次に戻る

 

 

高反発ドライバーと高反発ゴルフボールの相乗効果

高反発なドライバーと高反発なゴルフボールを使うことで、概ね30ヤードから40ヤードくらいは飛距離アップができる計算となります。ただ、これは机上での計算値となります。打ち方やスイングによっては、あまり飛距離差が出ないこともあります。

また、ヘッドスピードが速いゴルファーの場合は、バックスピン量が増えてしまって、飛距離ロスしてしまうこともあります。ただ、高反発ドライバーと高反発ゴルフボールを使うことで、今以上の飛距離を出させる可能性は高まってきます。

目次に戻る

 

 

高反発ゴルフボール

高反発ドライバーというクラブがあるように、ゴルフボールにも高反発があります。ゴルフボールにも反発係数というものがあり、公式ルールではボールの反発係数は0.800以内とされています。ルールで反発係数が規制されるということは、ボールの反発力は飛距離に直結する要素であるということが言えます。

高反発ゴルフボールの反発係数は、0.800以上の 0.82、0.825が多いです。ボールの反発係数が高ければ、それだけボールは反発しますし、よく弾みますし、飛んでくれます。反発係数が高いボールは、ボール初速が速くなり、飛びます。

最近は、反発係数0.828を越えるような高反発ボールも登場してきました。

高反発ドライバーと高反発ゴルフボールを組み合わせて、今までにない飛距離を追求できます。

高反発ゴルフボールの特長

高反発ゴルフボールの特長としては、軽量であること、反発が高いこと、この2点が挙げられます。高反発ドライバーと高反発ゴルフボールを使うことで、高反発の相乗効果で、誰でも飛ばせます。

目次に戻る

 

 

高反発ゴルフボールの進化

高反発ゴルフボールも最近は、とても進化してきており、様々なテストを繰り返されて、ある程度のデータが揃ってきました。高反発ボールで飛ばせる要素としては、3つと言われています。

それは、ゴルフボールの反発係数、ボールサイズ、ボール重さです。

高反発でボールサイズを少し小さくして、軽くして、飛ばすという高反発ボールや重くして風に負けない弾道で飛ばせるボールもあります。

最近は、ムジーク、アキラプロダクツなどゴルフクラブの開発・製造を手掛けているメーカーが高反発ゴルフボールを作り始めており、今まで以上に飛ばせる高反発ゴルフボールが増えてきました。

競技とか月例とかに参加されない人は、積極的に高反発ゴルフボールを使うというのも楽しいもです。
飛びすぎちゃって、ハーフ2時間切って、スピーディーなラウンドができるかもしれません。

目次に戻る

 

 

ワークス ゴルフ 飛匠 レッドラベル極

SLEルール不適合・高反発ゴルフボール
反発係数0.843を達成した驚異の高反発ボールです。公認ゴルフボールよりも約38ヤード飛ぶされます。

目次に戻る

 

 

楽翔(ラクショウ) 超高反発ゴルフボール 2018年モデル

反発係数が高い、完全な高反発ゴルフボールです。もう、有名過ぎて知らない人が居ないくらいかと思います。反発係数も公表しており、どれくらい飛ばせるのか想像してしまいます。従来のゴルフボールよりも、反発係数が 0.022高くなっているので、約20ヤードくらいは飛距離アップできるという計算になります。(あくまでも計算です)

反発係数:0.822
ボールサイズ:41.67mm
ボール重さ:46.5グラム

目次に戻る

 

 

アキラ AKIRA LD-400 高反発ボール

ボールの反発係数が公表されてませんが、非公認っぽくない雰囲気なのに、非公認でぶっ飛び系のゴルフボールとなっているところが、お気に入りです。周りの人に高反発ボールだとバレ難い?さりげなく飛ばせる高反発ゴルフボールです。

目次に戻る

 

 

ムジーク 撃速(ゲキハヤ)42S 高反発ボール

ムジークの高反発ゴルフボールです。やはり、飛びますし、弾きが良いです。ショートゲーム、パターなどは距離感が狂ってしまうかもしれないというくらいに飛びます。

目次に戻る

 

 

高反発ドライバーと高反発ゴルフボールのセット

アトミックゴルフでは、高反発ドライバーと高反発ゴルフボールのセット販売があります。高反発の相乗効果で、ぶっ飛び間違いありません。できれば、200ヤードを超えるショットを目指してほしいです。

目次に戻る

 

 

補足として

高反発ゴルフボールは、非公認です。正式なゴルフ競技では使用できません。競技などに参加されないのであれば、高反発ボールを使って、飛びを体感できたほうが楽しいゴルフができます。ゴルフは飛距離ではないと言いますが、飛ばないより飛んだ方が楽しいです。

女性ゴルファー向け高反発ゴルフボール

ヘッドスピードの遅い女性ゴルファーは、高反発ゴルフボールを使用することで、飛距離アップを目指せます。
女性ゴルファー用の高反発ゴルフボール

 

関連記事


超高反発性能のドライバー | 20190530