ドライバー の スライスを治すだけで飛距離アップができる

飛距離アップするには適切な打ち方が必要になります。併せて、打ち方だけではなく、自分の弱点を補ってくれるようなドライバーを使うことで飛距離アップすることができます。

 

メニュー

 

ドライバー の スライスを治すだけで飛距離アップができる

一般的には、飛距離アップに必要とされるのは、ボール初速、適切な打ち出し角度、適切なバックスピン量 であり、その3つの要素を十分に発揮できるドライバーを使うことで飛ばすことができるとされています。

ボール初速、打ち出し角、バックスピン量 と言われても、計測をしたことがなければ、イメージが沸きません。もう少し、単純に考えてみることにしましょう。

例えば、ドライバーはスライスが出るから飛距離が出ないと思っているゴルファーは多いです。大きく右に曲がってしまようなスライスボールであれば、OBになってしまうことすらあります。OBになってしまったら、飛距離はゼロです。スライスボールは、ボールに勢いがありません。そして、ボールが高く上がる傾向にありますし、ボールは飛球線に対して真っ直ぐ飛ぶのではなく、右に曲がっていきますから、飛距離がロスしてしまうのです。

 
つまり、スライスを軽減することができれば、飛距離アップができるということになります。実は、スライスボールというのは、バックスピン量などが大きく影響しているのです。

ヘッドスピードを速くしなくても、いつも打っているスライスボールをストレートボールに近づけるだけで、数ヤードの飛距離アップができます。

ページ上に戻る

 

スライスのメカニズム

何故、スライスが出てしまうのかを考えてみましょう。

スライスはボールが右に曲がってしまう減少です。ということは、フェース面が開いてボールにインパクトしているということになります。フェース面が開いているということは、スクエアになっていないということですから、ボールには右回転が発生してしまいます。

併せて、フェース面が開いているということは、実際のロフト角よりも大きなロフトになっている可能性があります。原理としてはウェッジと同じです。ウェッジでボールを上げるときには、フェース面を開きます。ロフト角が大きくなれば、ボールに与えるバックスピン量が増えてきます。

 
ドライバーもフェース面が開いていれば、バックスピン量が増えてしまい、ボールは高く上がりやすくなります。しかも、フェース面が開いているということは、フェース面が右を向いていますから、ボールは右回転が発生してスライスをします。

つまり、スライスボールは弾道が高くて、右に曲がっていくということです。スライスでOBをする場合は、殆どが高いボールで右に曲がっていくのは、そのためです。

また、フェース面が開いているということは、インパクト時では高い反発を得ることができません。これも、ウェッジを例えて考える事で理解ができます。ウェッジでフェース面を開けば、ボールは上がる。フェース面を閉じておけば、ボールは上がり難くなるものの、前へ飛ぶエネルギーがまします。言葉を替えると、ロフトなりに打つということです。それは、ドライバーも同じ原理なのです。

そして、スライスボールはランがあまりでません。つまり、ボールが着地してからの転がりが少ないです。これは、もともとボールが高く打ち上げられていることと、バックスピン量が多いからです。

 

スライスの原因

  • フェース面が開いている
  • 故に、ロフト角が大きくなる
  • インパクトで高い反発を得られない
  • 併せて、バックスピン量が増える
  • 結果、高弾道になる
  • ボールに右回転のスピンが増え、右に曲がる
  • ランが出ない(転がらない)

 

飛距離アップで悩んでいるゴルファーは、スライスを軽減することで、今よりも数ヤードの飛距離アップをすることができるということです。場合によっては、10ヤード以上の飛距離アップを体感できます。飛ばないゴルファーの殆どがスライスボールを打っています。スライスを少しでも減らすことができれば、必ず飛距離アップは可能です。

ページ上に戻る

 

スライスを治すには

スライスを完全に治すには、スイングを改造しなければなりません。これは、とても大変ですし、今直ぐにできるものではありません。スライスを治すというよりも、スライスを減らすという考えを持つことが必要です。そして、スライスを減らすことができるドライバーを使うことで今よりもスライスを減らすことができます。

長尺ドライバー
スライスを減らすドライバーの特長としては長尺ドライバーがオススメです。長尺ドライバーはシャフトが長いので打ち難いというイメージがありますが、実はシャフトが長ければ遠心力が強くなりますから、手で合わせて打つことができなくなります。遠心力が強いので直進性が強くなります。

重いヘッドのドライバー
長尺ドライバーの組み合わせでよくみられる、重いヘッドのドライバーはスライスを減らすのに向いています。ヘッドが重い、ヘッドが利いていることをハンマーバランスと呼ぶこともあります。重いヘッドの方が慣性モーメントが強くなり、自然とヘッドが走ってくれます。併せて、重いヘッドがボールに衝突した際のエネルギーが強く、飛距離アップにもつながります。

フックフェースのドライバー
フックフェースとは、ドライバーを持ってアドレスをしたときに、自然とフェース面が左を向くモデルです。左へかぶっていると表現することもあります。フックフェースは、もともと左を向いているので、左への引っ掛けが出るのではないかという不安があったり、構え難いと言われたりもします。ただ、フェース面がもともと左を向いているということは、フェース面を開くことを予防してくれる役割を果たしてくれます。

重心距離の短いドライバー
重心距離の短いドライバーを使うという考えもあります。重心距離が短い場合は、ドライバーのヘッドを返しやすくなります。つまり、フェース面を閉じやすくなりますから、理論としては捉まりの良いボールを打つことができます。ただ、ヘッドを返す打ち方が出来なければ、強烈なフックかチーピンに悩まされることになることが多くなる場合があり、スライスボールよりも深刻な悩みとなる場合がありますので、注意が必要です。

 

飛距離アップをする場合には、ヘッドスピードを速くするということも必要となってきますが、まずは自分の弱点を見つけることです。もしかしたら、スライスが多すぎて飛距離をロスしているかもしれません。ならば、スライスを減らして、出来る限りストレートボールに近づけることで、ボールは右に曲がらずに、真っ直ぐに飛ぶようになります。となれば、今よりも飛距離アップできる可能性が高くなってきます。

ページ上に戻る

 

スライスを減らす 飛ぶドライバー の特徴

ドライバーでのティーショットで最も嫌なのがスライスです。そしてOBになってしまったら、気持ちが滅入ってしまい、どんなに飛ばしてもスコアが良くなることはありません。飛ばせば必ずスコアが良くなるというわけではありませんが、飛ばせた方が楽しいですし、気持ちが良いものです。

フックフェースのドライバー

スライスを減らしたいと考えているのであれば、アドレスをしたときにドライバーのフェース面が少し左へ向く、フックフェースのドライバーを選ぶと良いです。スライスをするという原因を追究していきますと、フェース面が開いているということになります。フェース面が開いているということは、フェース面が右を向いているということですから、自然とボールに右回転が発生して、ボールは大きく右に曲がっていきます。OBまっしぐらなスライスボールとなります。

フックフェースのドライバーであれば、もともとフェース面が左を向いていますので、フェースの開きを軽減させることができます。また、フックフェースのドライバーでインサイドアウトインで適切なスイングができるゴルファーであれば、自然とドローボールを打つことができますた。

ただ、アドレスをしてフェース面が左を向いているというのは、チーピンがでるかもしれないという不安があったりして、あまり良いイメージを持たれないことも事実です。ドライバーというのは、視覚的要素も大切ということです。

ですが、フックフェースはスライサーには適していますし、フェース面の開きを抑えて、ボールを捉まえて飛ばすことができます。

 

重心距離が短いドライバー

重心距離というのは、ドライバーのシャフトを軸からヘッド中止の重心までの距離のことを指しています。重心距離が短いドライバーは、シャフトを軸としてヘッドを回転しやすくなりますから、ヘッドを開閉しやすくなります。フェース面を閉じやすくなりますので、捉まったボールを打ちやすくなります。ただ、ヘッドの回転が強くなってしまうと、強いフックやチーピンが出てしまうことがありますので、注意が必要です。

一般的に重心距離はドライバーのカタログなどには記載されていることが少ないので、調べにくいということがあり、実際に打ってみないと判らないということもあります。もちろん、重心距離がどれくらいなのかを明記しているメーカーもあります。

ただ、最近のドライバーのヘッド体積は460ccというデカヘッドとなっており、自ずと重心距離も長くなっていることが多いです。また、重心距離が短いドライバーはフェース面のローテーションができるような打ち方ができるゴルファーに向いています。

 

深重心のドライバー

重心深度が深いドライバーは慣性モーメントが高くなりますので、直進性が高まり、フェース面が開きにくいという特徴があります。重心深度というのは、ドライバーヘッドの重心の深さのことです。フェース面から後方に重心が置かれているドライバーヘッドが重心が深いということになり、深重心といわれています。

ドライバーヘッドの後方に重心があれば、後方から強いエネルギーを与えることができますので、インパクトも強くなりますし、スイートエリアも広がります。

ただ、深重心のドライバーは直進性が高い故に、フェース面が開いていると、フェース面が開いたままインパクトを迎えてしまいます。ですから、フェース面を開かないように、真っ直ぐにインパクトさせるイメージを持つことが大切です。

 

自分のスイングに合ったシャフトを使う

ドライバーヘッドの構造、重心距離の長さの問題よりも、シャフトが自分のスイングに合ってなくてスライスになってしまうゴルファーはとても多いようです。ドライバーを選ぶ時に、シャフトのフレックスSを選んでいる場合が多くあります。本当にシャフトのフレックスSが自分に合っているのかを疑う必要があります。

フレックスSであれば、シャフトの重量は重くなりますし、硬くもなりますから、シャフトの撓りを活かすことができてない場合が多くあります。シャフトは、ある程度は撓ってくれる方が飛ばしの要素につながりますし、的確なインパクトを迎えることができます。

硬くて重いシャフトを使っている場合は、振り切れないので、どうしても腕のチカラに頼ってしまって振ってしまうことがあります。腕で振ろうとすれば、身体は開きますし、フェースも開いてしまいますから、スライスが出てしまいます。

スライスが多く出る場合は、シャフトが合ってないということも疑ってみるとよいです。

ページ上に戻る

 

ドライバーというクラブはスライスが出やすい

ドライバーというクラブは難しいです。そして、スライスボールが出やすいクラブでもあります。その難しさを考えてみたいと思います。ドライバーが難しく感じる理由は、幾つかあります。何故、どらいばーが難しいと感じるのか、その理由を探ってみることで、自分に合ったドライバー探しのヒントになります。

  • ロフト角の数字が小さいから
  • シャフトが長いから
  • ヘッド体積が大きくてヘッドが返り難い

などの理由があります。

 

ロフト角の数字が小さいから

基本的にフェース面が飛球線を向いて、ボールにインパクトをしていれば、その方向にボールが飛んでいきます。ただ、ドライバーはロフト角の数字が小さいために、バックスピン量よりも右回転、左回転のサイドスピン量が強く入ってしまうことがあります。右回転のスピン量が増えてしまうと、スライスボールになってしまいます。

ロフト角の数字が小さいの、ほんの少しのフェース面の開きもボールの回転に影響を与えてしまうというのが、ドライバーの難しいところです。ただ、ロフト角の数字が小さければ、ボールに対して強いインパクトを迎えることができますので、ロフト角が小さい方がボールを反発させるチカラは強くなります。ただし、ボールが上がり難くなることがあります。

アイアンクラブは、ロフト角の数字が大きくなっていますし、もともとボールにバックスピンを多く発生させる仕組みになっていることもあり、右回転、左回転などのサイドスピンよりもバックスピン量が多いので、ボールが曲がりにくいということが言えます。

 

ドライバーは長いから難しい

ドライバーはゴルフクラブの中で最も長いクラブです。一般的には45インチ前後、長尺と呼ばれる長いシャフトを装着したドライバーであれば46インチ以上のドライバーもあります。

シャフトが長いということは、自分の身体とボールとの距離が離れてしまいます。そこに、難しさを感じることがあります。自分のゴルフボールが離れていれば、不安感があります、長いシャフトを振って、フェース面を真っ直ぐにしてボールにヒットさせることが難しくなるからです。そういった理由から短いシャフトを好むゴルファーも居ます。シャフトが長くなれば、自然とドライバーのフェース面を閉じることが難しくなります。フェース面が開いたままでインパクトをしてしまうことがあります。これが、スライスとなってしまいます。

ドライバーよりもフェアウェイウッドの方が飛ぶと感じるゴルファーも居ます。それは、ドライバーよりもフェアウェイウッドの方が短いため、振りやすいというのが大きな影響を与えています。短いかいからこそ安心感があり、その安心感がナイスショットとなります。

ただ、長いシャフトのドライバーは、ヘッドスピードが速くなり、強いインパクトでボールを飛ばすことができるというメリットもあります。

 

 

ヘッド体積が大きくてヘッドが返らない

ドライバーのヘッド体積は一般的には460ccとなっています。なかには上級者向けのドライバーの場合は、ヘッド体積が440cc など小ぶりなヘッドとなっているドライバーもあります。

ドライバーのヘッドが大きいということは、重心距離が長くなりますから、ヘッドが返り難い、フェースが閉じ難いということが言えます。ですから、フェース面が開いたままインパクトしてしまうこともあります。フェース面が開いたまま、インパクトしてしまうと、スライスボールとなってしまいます。

460ccという大きなヘッドを開いて、閉じるというような、ヘッドを返す動作をするよりは、フェース面を最初から開かないようにしておくと良いということになります。そのヒントはグリップ(握り方)にあります。ウィークグリップにするとスライスが出やすくなります。スライスを抑えるには、ストロンググリップが向いてます。

ページ上に戻る

 

関連記事

飛ぶドライバー 2017年|高反発ゴルフドライバー