高反発ゴルフドライバー と 高反発ボールの組み合わせ

高反発ゴルフドライバー と 高反発ボールの組み合わせで、どれくらい飛距離アップできるのかを考えてみます。反発係数の高いドライバーと、反発係数の高いゴルフボールを使えば、相乗効果により飛距離アップを目指せる可能性がります。

 

高反発ゴルフドライバー と 高反発ボールの組み合わせ

 

高反発ゴルフドライバーの反発係数

一般的に市販されているドライバーの反発係数は概ね0.81くらいであるとされています。それは、ルール適合させるためという理由もあります。併せて、フェース面を薄すぎると割れてしまうという恐れがあるからでしょう。

高反発ゴルフドライバーの反発係数を0.84と過程します。

反発係数 が 0.001 高くなると 飛距離は約1ヤード飛ぶとされています。

反発係数0.81 から 高反発0.835 のドライバーにした場合、その差は 0.035 となります。反発係数だけで飛距離を算出すると、高反発0.835のドライバーの方が約25ヤードの飛距離アップができるということになります。

ページ上に戻る

 

高反発ゴルフボールの反発係数

一般的なディスタンス系のゴルフボールの反発係数は0.75前後とされています。高反発ゴルフボールは、飛ばすことだけを考えた反発の高いボールとなっており、その反発係数は0.8を超えてくるようなゴルフボールもあります。ゴルフボールの高反発はボール初速をアップさせることができます。概ねボール初速が3m/sから4m/s程度速くなります。ボール初速が速くなるというのは、ヘッドスピードが速くなったことと似たような効果が得られます。ボール初速が1m/s速くなると、約5ヤード前後は飛ぶとされています。高反発ゴルフボールでボール初速が3m/s速くなったとしたら、約15ヤードの飛距離アップができます。

ページ上に戻る

 

高反発ゴルフドライバーと高反発ゴルフボールの相乗効果

高反発なドライバーと高反発なゴルフボールを使うことで、概ね30ヤードから40ヤードくらいは飛距離アップができる計算となります。ただ、これは机上での計算値となります。打ち方やスイングによっては、あまり飛距離差が出ないこともあります。また、ヘッドスピードが速いゴルファーの場合は、バックスピン量が増えてしまって、飛距離ロスしてしまうこともあります。ただ、高反発ゴルフドライバーと高反発ゴルフボールを使うことで、今以上の飛距離を出させる可能性は高まってきます。

ページ上に戻る

 

高反発ゴルフボール

高反発ゴルフドライバーというクラブがあるように、ゴルフボールにも高反発があります。ゴルフボールにも反発係数というものがあり、公式ルールではボールの反発係数は0.800以内とされています。ルールで反発係数が規制されるということは、ボールの反発力は飛距離に直結する要素であるということが言えます。

高反発ゴルフボールの反発係数は、0.800以上の 0.82、0.825が多いです。ボールの反発係数が高ければ、それだけボールは反発しますし、よく弾みますし、飛んでくれます。反発係数が高いボールは、ボール初速が速くなり、飛びます。

高反発ゴルフドライバーと高反発ゴルフボールを組み合わせて、今までにない飛距離を追求できます。

ページ上に戻る

 

SUPER egg ボール 【非公認球】

 

 

ページ上に戻る

 

韋駄天Xボール ニューモデル 【非公認球】

 
重さを1グラム軽くなっており、ヘッドスピードが遅くてもボールの初速をアップできるようになっています。高反発ソフトカバーにより、強烈な反発力が得られます。

 

ページ上に戻る

 

Blast 高反発ボール 3ダースセット 【非公認球】

超高反発ボール COR 0.826 となっており、その反発力は凄いです!

 

ページ上に戻る

 

アルファトレック プレミアム 2ピースボール 超高反発モデル 半ダース 【非公認球】

 

ページ上に戻る

 

ダンロップ ゼクシオ UX-AERO ボール

香妻琴乃も絶賛したというゼクシオのボールです。少し古いモデルですが、軽くて、柔らかくて、飛びを追求したゴルフボールとなっています。対象ヘッドスピードが35m/sからとなっていますので、非力なゴルファーや女性ゴルファーにもぴったりなゴルフボールです。

 

ページ上に戻る

 

ゼクシオ SUPER SOFT X

ゼクシオの新しいモデルのボールです。

 

ページ上に戻る

 

補足として

高反発ゴルフボールは、非公認です。正式なゴルフ競技では使用できません。競技などに参加されないのであれば、高反発ボールを使って、飛びを体感できたほうが楽しいゴルフができます。ゴルフは飛距離ではないと言いますが、飛ばないより飛んだ方が楽しいです。

 

関連記事

飛ぶドライバー 2017年|高反発ゴルフドライバー