ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる

ヘッドスピードが遅い場合は、高反発ゴルフドライバー、飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップができます。ヘッドスピードが遅くて飛距離が出ないと嘆いているゴルファーは多いです。ですが、考え方を変えることで、ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる可能性があります。ヘッドスピードが速いゴルファーとヘッドスピードが遅いゴルファーの違いを知ることで、ヘッドスピードが遅くても飛距離アップできる可能性を見出すことができます。

 

 

ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる

 

ヘッドスピードが速いゴルファー

ヘッドスピードが速いゴルファーの悩みは、強いインパクトを迎えることができ、ボールを飛ばすことができるという反面、バックスピン量が増えてしまい、飛距離をロスしてしまうということです。ヘッドスピードが速いゴルファーは、ボールに揚力を与えることができますから、弾道は高くなります。高い弾道はバックスピン量が多くなっている可能性があり、実は飛距離をロスしてしまっている可能性があります。バックスピン量を減らすことは、難しいというのが現実です。スライスも同じで、右回転が発生してしまうのが、スライスの原因ですが、右利きで右打ちの場合は、スライス回転(右回転)が発生しやすいです。バックスピン量、スライス回転を減らし難いのがヘッドスピードが速いゴルファーです。

ヘッドスピードが速いゴルファー

  • バックスピン量が多い
  • 高い弾道

ページ上に戻る

 

ヘッドスピードが遅いゴルファー

ヘッドスピードが遅いということは、ボールに与えるエネルギーが少ないということです。ですから、ボールを高く上げるための揚力が少なくなります。ある程度の高さがなければ、キャリーを出すことができません。ボールに与えるエネルギーが少なくて、弾道が低いということは、バックスピン量が少ないということがいえます。バックスピン量が少ないということが飛距離アップするためのヒントとなります。

ボールに与えるバックスピン量が少ないまま、適切な打ち出し角度でボールを打てるようになれば、一般的に棒球と呼ばれる、弾道を打つことができます。バックスピン量が少ないので、ランも出やすくなります。また、弾道が低いことは悪い事ではありません。弾道が低ければ、ランが多くだせる可能性もあるからです。ただし、上りのホールでは苦労することもあります。

ヘッドスピードが遅いゴルファー

  • バックスピン量が少ない
  • 低い弾道

ページ上に戻る

 

ヘッドスピードが遅くても飛距離アップ

高い弾道を打つことに必要なのはヘッドスピードではなく、低重心で低スピンなボールを打つことができるドライバーです。飛距離はキャリーとランの合計が飛距離となります。ヘッドスピードを上げずに、今までよりも少し打ち出し角を高めにしてあげて、バックスピン量の少ないボールを打つことができれば、キャリーとランをかせぐ事ができます。弾道は低くても、多く転がってくれれば飛距離アップできる可能性もあります。

 
ロフト角
最近は、低スピンドライバーが普及しており、ロフト角が11°、12° といったドライバーも増えています。バックスピン量が少なくてボールが上がらなくなってしまうことを防ぐために、ロフト角を大きくして、最初から高い弾道を打つという仕組みになっています。

ボールに余分なスピンを与えない
実はヘッドスピードが遅いということは、ボールに余分なエネルギー(スピン)を与えることが無いという考え方ができます。つまり、ヘッドスピードが遅いからこそ、バックスピン量が少ないわけです。ボールに与えるスピン量が少ないのであれば、左右の曲がり幅も少なくなりますから、ストレートボールに近づけることができます。

柔らかいシャフト
また、ドライバーヘッドの特性だけではなく、シャフトのフレックスを見直すことも必要です。硬めのシャフトよりも、適度に撓ってくれるシャフトの方が、ヘッドを走らせてくれますし、インパクト瞬間ではシャフトの撓り戻りにより、ヘッドを自然とアッパーに向けてくれます。

  • ロフト角を大きくして打ち出し角を高くする
  • 低スピンの棒球を打つ
  • 低スピンであればランも多く出る
  • 柔らかいシャフトを使う

ページ上に戻る

 

2017/8/25-4:27