ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる

ヘッドスピードが遅い場合は、高反発ゴルフドライバー、飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップができます。ヘッドスピードが遅くて飛距離が出ないと嘆いているゴルファーは多いです。ですが、考え方を変えることで、ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる可能性があります。ヘッドスピードが速いゴルファーとヘッドスピードが遅いゴルファーの違いを知ることで、ヘッドスピードが遅くても飛距離アップできる可能性を見出すことができます。

 

 

 

ヘッドスピードが速いゴルファー

ヘッドスピードが速いゴルファーの悩みは、強いインパクトを迎えることができ、ボールを飛ばすことができるという反面、バックスピン量が増えてしまい、飛距離をロスしてしまうということです。ヘッドスピードが速いゴルファーは、ボールに揚力を与えることができますから、弾道は高くなります。高い弾道はバックスピン量が多くなっている可能性があり、実は飛距離をロスしてしまっている可能性があります。バックスピン量を減らすことは、難しいというのが現実です。スライスも同じで、右回転が発生してしまうのが、スライスの原因ですが、右利きで右打ちの場合は、スライス回転(右回転)が発生しやすいです。バックスピン量、スライス回転を減らし難いのがヘッドスピードが速いゴルファーです。

目次に戻る

 

 

ヘッドスピードが遅いゴルファー

ヘッドスピードが遅いということは、ボールに与えるエネルギーが少ないということです。ですから、ボールを高く上げるための揚力が少なくなります。ある程度の高さがなければ、キャリーを出すことができません。ボールに与えるエネルギーが少なくて、弾道が低いということは、バックスピン量が少ないということがいえます。バックスピン量が少ないということが飛距離アップするためのヒントとなります。

ボールに与えるバックスピン量が少ないまま、適切な打ち出し角度でボールを打てるようになれば、一般的に棒球と呼ばれる、弾道を打つことができます。バックスピン量が少ないので、ランも出やすくなります。また、弾道が低いことは悪い事ではありません。弾道が低ければ、ランが多くだせる可能性もあるからです。ただし、上りのホールでは苦労することもあります。

目次に戻る

 

 

ヘッドスピードが遅くても飛距離アップ

高い弾道を打つことに必要なのはヘッドスピードではなく、低重心で低スピンなボールを打つことができるドライバーです。飛距離はキャリーとランの合計が飛距離となります。ヘッドスピードを上げずに、今までよりも少し打ち出し角を高めにしてあげて、バックスピン量の少ないボールを打つことができれば、キャリーとランをかせぐ事ができます。弾道は低くても、多く転がってくれれば飛距離アップできる可能性もあります。

 

 

高反発ドライバーを使えば、飛ばせます!

高反発ドライバーは、ルール不適合モデルです。ですから、月例や競技などでは使うことができません。友人、知人とのカジュアルのラウンドであれば、使うことができます。高反発ドライバーは、フェース面が高反発となっており、反発係数が高いので、それだけで飛ばせるのです。ヘッドスピードが速い人が使うと、フェースが割れてしまう恐れがありますので、ヘッドスピードが遅いゴルファー向けのドライバーとなっています。

私は、ヘッドスピード 38m/s前後しかなかったのですが、高反発ドライバーのお陰で飛ばせるようになりました。月例などでは、高反発ドライバーは使わないようにしています。中古の高反発モデルもありますから、試してみると良いです。また、2008年SLEルールが制定される前に販売されていた、昔の高反発モデルもあります。芯を食ったときの一発の飛びは、最新モデルのドライバーよりも飛んでるかもしれません。ちなみに、中古市場での価格は、たったの3,300円でした。

目次に戻る

 

 

 


併せて読んで欲しい記事

本当はドライバーで平均200ヤード飛べば上級者
views 3475
自分自身のドライバーショットの飛距離を把握しているというゴルファーは少ないです。真芯に当たって、今日イチの飛びだったと思っても、実際は200ヤードくらいしか飛んでいないことが多いです。ドライバーショットの飛距離アップを目指すのであれば、自分自身の本当のドライバーの飛距離を把握することが先決です。 ...
女子プロゴルファーのドライバーが飛ぶ理由
views 2181
女子プロゴルファーは、アマチュアゴルファーの男性よりも飛びます。ヘッドスピードも、それほど速くないのに飛びます。女子プロゴルファーと力比べをしたら、アマチュアゴルファーの男性の方が勝つでしょう。 ですが、女子プロゴルファーの方がドライバーの飛距離は飛びます。つまり、ドライバーの飛距離というのは...
ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー...
views 1094
写真:アトミックゴルフ   反発係数0.86という高反発で飛ばします。チタンの中でも強度が強いと言われている、DAT55G+を使用してフェースが作られており、肉薄化にも耐えられる強さを持っています。限界ギリギリの反発係数となっており、ヘッドスピードが速い人、連続使用すると、フェース...
高反発加工済みドライバー中古 購入の注意点
views 1315
高反発加工済みドライバー中古の盲点 中古クラブのなかで、高反発加工済みドライバーというのが販売されていることがありますが、フェース割れの危険がありますので、購入されるときには、注意してください。 高反発加工済みドライバーの注意点 フェースが割れても保証なし どれくらいフェースが研磨さ...
XXIO(ゼクシオ)昔の高反発ドライバー
views 3216
あの、ゼクシオにも高反発モデルがあります。よく飛びます。昔から、打ちやすくて、よく飛ぶドライバーでした。打音、打感がとても心地よいモデルが多いです。今でも使っている人を見かけることがあります。さすがにシャフトは差し替えていますが。10年以上前の高反発ドライバーですが、そのモデルに慣れてしまって、変更...
高反発ドライバーが飛ぶ理由
views 1052
更新:2018年07月06日 高反発ドライバーは飛ぶと言われていますが、何故、飛ぶのかという理由を知っている人は少ないかもしれません。高反発だから、フェース面の反発が高いのだろうというイメージはあると思いますが、それ以外にも飛ばすための仕組みを取り入れてます。一般的に市販されているドライバーと何が...
人気の地クラブ! KAMUI (カムイ) TP-09S ドライバー
views 525
クラブの特徴 地クラブで有名な KAMUI(カムイ)ですが、TP-09S ドライバーは、フェースをシャローにしてディープフェースが苦手なゴルファー向けに改良されています。シャローフェースとなった分だけ、スピン量が増えて吹け上がってしまう可能性がありますし、ボールが捉まりやすくなります。その...
人気の高反発ドライバー おすすめリスト
views 2369
更新:2018年04月07日 高反発は、やっぱり飛びます。飛ぶドライバーと言われる理由としては、フェース面の反発係数が高いという点です。飛ばすには、フェース面の反発係数が高い方が良いです。人気のある高反発ドライバーをまとめましたので、高反発ドライバー選びの参考にしてください。 人気の高反発ドライ...
女性ゴルファーに人気、高反発ドライバー レディース用
views 1497
2018/06/05 更新 高反発ドライバーのレディース用、女性ゴルファーに人気 目次 女性ゴルファーは、高反発ドライバーを使えば、スコアアップできる 非力な女性ゴルファーを助けてくれるのが、高反発ドライバー どうして、高反発だと飛ぶのか? 高反発ドライバー レディース用を使って飛ばす...
Scroll Up
超高反発性能のドライバー | 20180207