本当はドライバーで平均200ヤード飛べば上級者

自分自身のドライバーショットの飛距離を把握しているというゴルファーは少ないです。真芯に当たって、今日イチの飛びだったと思っても、実際は200ヤードくらいしか飛んでいないことが多いです。ドライバーショットの飛距離アップを目指すのであれば、自分自身の本当のドライバーの飛距離を把握することが先決です。

 

 

 

平均飛距離を知る

ドライバーの飛距離はどれくらいと聞かれて、200ヤードと答えるのか、230ヤード答えるのかでは、飛距離に対する誤解の有無が明確となってきます。ドライバーの飛距離が230ヤードと答えた場合は、常に230ヤード飛ぶというわけではないはずです。チーピンがでてしまって、180ヤードしか飛ばない場合もあるし、OBになってしまったこともあるでしょう。

ゴルフ場は18ホールあります。そのうち、PAR3のホールが4つありますから、ドライバーが使える最大回数は14ホールとなります。14ホールの平均飛距離が本当の自分の飛距離です。

スライスして飛ばなかった、当たりが悪かった、チーピンが出たということもあります。そういった場合のドライバーショットも含めて、平均の飛距離を算出することが必要です。一般的なアマチュアゴルファーの平均的なドライバーショット(14ホール)の飛距離は180ヤード前後であるとも言われています。あまりにも飛んでないと思われるかもしれませんが、それが真実でしょう。

当たれば飛ぶ、ミスすれば飛ばない、それは当たり前のことです。

つまるところ、ゴルフ場でのドライバーショットは、当たりが悪いミスショットの方が多いということです。ですから、当たりが悪いミスショットでも、そこそこ飛んでくれるようなドライバーをゴルフメーカーも作ろうとしている訳です。

目次に戻る

 

 

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは当たりが悪いから

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは、当たりが悪いからとしか言えません。当たりが悪いというのは、打点が大きくズレてしまっているということです。フェース面のトゥ側にヒットしたり、ヒール側にヒットしたり・・・かと思えば、フェース面の上部にヒットしてしまったりと、打点がズレてしまえば、当たりが悪くなります。つまり、ミート率が悪くなる訳です。

フェース面の真ん中、芯で打つことが出来れば、ミート率が高くなり、ボール初速が速くなり、飛びます。

ヘッドスピードが速いということは、シャフトの撓りも大きくなりますし、トゥダウン現象も顕著になってきますから、打点はズレやすくなります。ヘッドスピードが速いゴルファーが、チカラを抜いて、ゆっくり振るとナイスショットするというのは、的確なインパクトができて、ミート率が高まっているからでしょう。

目次に戻る

 

 

飛距離アップ

ドライバーの飛距離アップを目指す場合には、自分の平均飛距離を知ることから始まります。

平均飛距離が180ヤードであれば、そこから5ヤード、10ヤード、15ヤードというように少しづつ目標を高めていけば、飛距離アップをすることができます。

ドライバーの平均飛距離が200ヤードともなれば、上級者ゴルファーです。平均して200ヤードということは、当たれば230ヤードくらいは飛ぶでしょうし、ミスショットをしても180ヤード以上は飛んでいるだろうと想像できます。

当たれば飛ぶ という考えではなくて、ミスヒットしても飛ぶ というドライバーを使うことで、平均飛距離は伸びてきます。

飛距離をロスさせている大きな原因としては、スライスです。スライスを軽減させることができれば、飛距離は伸びます。 スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますし、曲がった分だけ飛距離ロスしてしまうからです。

目次に戻る

 
 

高反発ゴルフドライバー 関連記事

2017/8/25-4:27