本当はドライバーで平均200ヤード飛べば上級者

自分自身のドライバーショットの飛距離を把握しているというゴルファーは少ないです。真芯に当たって、今日イチの飛びだったと思っても、実際は200ヤードくらいしか飛んでいないことが多いです。ドライバーショットの飛距離アップを目指すのであれば、自分自身の本当のドライバーの飛距離を把握することが先決です。

 

 

平均飛距離を知る

ドライバーの飛距離はどれくらいと聞かれて、200ヤードと答えるのか、230ヤード答えるのかでは、飛距離に対する誤解の有無が明確となってきます。ドライバーの飛距離が230ヤードと答えた場合は、常に230ヤード飛ぶというわけではないはずです。チーピンがでてしまって、180ヤードしか飛ばない場合もあるし、OBになってしまったこともあるでしょう。

ゴルフ場は18ホールあります。そのうち、PAR3のホールが4つありますから、ドライバーが使える最大回数は14ホールとなります。14ホールの平均飛距離が本当の自分の飛距離です。

スライスして飛ばなかった、当たりが悪かった、チーピンが出たということもあります。そういった場合のドライバーショットも含めて、平均の飛距離を算出することが必要です。一般的なアマチュアゴルファーの平均的なドライバーショット(14ホール)の飛距離は180ヤード前後であるとも言われています。あまりにも飛んでないと思われるかもしれませんが、それが真実でしょう。

当たれば飛ぶ、ミスすれば飛ばない、それは当たり前のことです。

つまるところ、ゴルフ場でのドライバーショットは、当たりが悪いミスショットの方が多いということです。ですから、当たりが悪いミスショットでも、そこそこ飛んでくれるようなドライバーをゴルフメーカーも作ろうとしている訳です。

目次に戻る

 

 

 

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは当たりが悪いから

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは、当たりが悪いからとしか言えません。当たりが悪いというのは、打点が大きくズレてしまっているということです。フェース面のトゥ側にヒットしたり、ヒール側にヒットしたり・・・かと思えば、フェース面の上部にヒットしてしまったりと、打点がズレてしまえば、当たりが悪くなります。つまり、ミート率が悪くなる訳です。

フェース面の真ん中、芯で打つことが出来れば、ミート率が高くなり、ボール初速が速くなり、飛びます。

ヘッドスピードが速いということは、シャフトの撓りも大きくなりますし、トゥダウン現象も顕著になってきますから、打点はズレやすくなります。ヘッドスピードが速いゴルファーが、チカラを抜いて、ゆっくり振るとナイスショットするというのは、的確なインパクトができて、ミート率が高まっているからでしょう。

飛ばないのは、打ち方が悪いから

ドライバーを買い替えても飛ばない、飛距離が出ないというのは、打ち方が悪いからなのですが、打ち方を変えるのは、容易ではありません。ですから、飛ぶドライバーに買い替えたりするわけです。ただ、最近のドライバーは、シャフトが長くなっている傾向にありますから、逆に打ち難さを感じることもあります。また、カーボン素材を使用しているドライバーも増えており、コンポジット系のモデルが増えてきました。これらのドライバーは、打音が悪くて、本当に良い当たりなのか判らないこともあり、むしろ不安を覚えてしまって、もっと飛ばそうと思って、スイングを壊してしまうこともあります。

高反発ドライバーを使えば良い!

クラブ競技、月例に参加しないというのであれば、高反発ドライバーを使えば、容易に飛距離アップすることができます。フェース面の反発係数が、ルール不適合の高反発となっていますので、今までの打ち方でも、飛ばせます! フェース面が高反発ということは、ミート率が上がります。普通に打っても、ミート率1.5を超えてきます。これこそ、高反発ドライバーの威力です。

目次に戻る

 

 

 

飛距離アップ

ドライバーの飛距離アップを目指す場合には、自分の平均飛距離を知ることから始まります。

平均飛距離が180ヤードであれば、そこから5ヤード、10ヤード、15ヤードというように少しづつ目標を高めていけば、飛距離アップをすることができます。

ドライバーの平均飛距離が200ヤードともなれば、上級者ゴルファーです。平均して200ヤードということは、当たれば230ヤードくらいは飛ぶでしょうし、ミスショットをしても180ヤード以上は飛んでいるだろうと想像できます。

当たれば飛ぶ という考えではなくて、ミスヒットしても飛ぶ というドライバーを使うことで、平均飛距離は伸びてきます。

飛距離をロスさせている大きな原因としては、スライスです。スライスを軽減させることができれば、飛距離は伸びます。 スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますし、曲がった分だけ飛距離ロスしてしまうからです。

目次に戻る

 

 

高反発ドライバーを使えば、飛距離アップできる

打ち方を変えたり、スイングを変更することは、とても大変なことです。一朝一夕で、できることではありません。ならば、飛ぶドライバーを使った方が良い訳です。SLEルール不適合モデルとなってしまいますが、高反発ゴルフドライバーを使った方が、簡単に飛距離アップができます。飛距離が落ちてきた、もっと飛ばしたいと思っているのであれば、高反発ゴルフドライバーを試してみると良いです。

目次に戻る

 

 

 


併せて読んで欲しい記事

飛距離アップ コーティングスプレー
views 99
飛距離アップスプレーの効果 飛距離アップスプレーは、ドライバーのフェース面にスプレーで、コーティングをします。コーティングすることで、ドライバーのフェース面とボールとの摩擦抵抗を軽減させて、無駄なスピンを減らすことができます。そして、結果的に飛距離アップができます。 別名シリコンスプ...
飛ぶドライバー、人気ドライバーの要素 2017年~2018年
views 1210
飛ぶドライバーの要素 人気ドライバー、飛ぶドライバーの要素を考える 人気ドライバー、飛ぶドライバー の 飛ぶ 基準は? ゴルフ規則 / ルールを知ると 飛ぶ要素が見えてくる 人気ドライバー、新しいモデルのドライバーは飛ぶのか? シャフトでドライバーの良し悪しが決まる 適切なロフト...
長尺ドライバーはスライスしない?
views 1152
長尺ドライバーは、シャフトが長いドライバーです。ですから、打ち難さを感じてしまうことがあります。ただ、長いシャフトはヘッドスピードを速くしてくれますし、クラブヘッドの直進性が高まります。 シャフトが長い方が強い遠心力が発生しますので、手で調整をすることが難しくなります。長尺ドライバーが、慣性モ...
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか?
views 1709
高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? 飛びます!高反発ドライバーが、実際にどれくらい飛ぶのかを考えてみます。フェース面の反発係数とシャフトの長さに焦点を当ててみようと思います。 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? フェースの反発 シャフトの長さ 高反発ドライバーは本当に飛ぶのか? ド...
今でも人気ドライバー! テーラーメイドの高反発ドライバー...
views 5108
今でも人気ドライバー! テーラーメイドの高反発ドライバー 昔のテーラーメイドの高反発ドライバー 今でも人気ドライバー! 昔のテーラーメイド 高反発ドライバーの特徴 テーラーメイドの高反発ドライバーを紹介します テーラーメイド R540XD ドライバー テーラーメイド r5 dual T...
飛ぶドライバー、高反発 ハヤブサドライバーで飛ばす!
views 1643
格段と秋らしさを感じますね。朝夕は空気がひんやりします。快晴で、空気がひんやりして、空気が乾燥していると、ゴルフに行きたいなーと思ってしまいますね。雨天が続いたり、台風が来たりして、週末になると天候が悪くなるということで、なかなかゴルフに行けてない人も多いのではないでしょうか。 暑くもなく、寒...
プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバー...
views 1005
写真:アトミックゴルフ   プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバーは、反発係数0.855以上、スイートエリアも広がっており、打点がズレても高反発で飛ばせるドライバーです。ヘッドスピード 42m/s超えの人は使用禁止! フェース面が割れてしまいます。フ...
ZEUS IMPACT 高反発ドライバー
views 1059
写真:アトミックゴルフ キャスコから飛ばせるドライバーが登場しました。ヘッドスピード 40ms/以下の人だけに向けて作られた高反発ドライバーです。シャフトのトルクも多目となっており、しっかりと撓らせることができるシャフトになっています。キャスコの白ヘッドの高反発ドライバーです。ヘッドが体積...
ドライバー飛距離180ヤードからの飛距離アップ
views 1178
自分のドライバー飛距離をご存知ですか? 飛んでいると思っていても、実際は200ヤードも飛んでいないことが多いです。実測で180ヤードくらいである場合が多いです。何故、ドライバーが飛ばないのかを考え、分析し、何処を修正すれば良いのかを見出すことができれば、180ヤード前後の飛距離から10ヤードくらいの...
Scroll Up
超高反発性能のドライバー | 20180207