高反発ドライバー 加工(COR加工)

市販されているゴルフドライバーの反発係数と高反発加工事例を考えてみましょう。

 

高反発とゴルフ規則(ルール)

一般的にゴルフドライバーの高反発加工、COR加工はルール違反になると言われています。たしかに、ゴルフ規則にはスプリング効果規則(SLE規制)のことが記載されています。SLEルールの上限、COR値で0.830以内・CT値257を越えるクラブは正式な競技では使用できないとされています。

反発係数 0.83超えとなる、高反発ドライバーは、SLEルール不適合、非公認となります。

目次に戻る

 

 

市販されているドライバーの反発係数

一般的に市販されているゴルフドライバーの反発係数は、大量生産のために低い反発係数となっていることが殆どです。市販されているゴルフドライバーの反発係数の設定値は、0.810~0.815くらいとなっています。ルールで定められた、反発係数0.830以内となっていますから、問題なく使用できます。ただ、反発係数が低いということは、飛ばないということですし、低反発なドライバーということになります。

考え方を変えると、もともと飛ばないゴルフドライバーを購入して、飛ばないことに問題を抱えてしまっているという表現もできます。

市販されているゴルフドライバーの反発が低いのは、フェース面が肉厚であるからです。ある程度の肉厚にしておくことで、フェース面割れを防ぐことができます。購入したけど、直ぐにフェース面が割れてしまったとなれば、製品にならなくなってしまいます。ですから、ある程度の強度を持たせるために、フェース面を肉厚にしているのです。

目次に戻る

 

 

高反発加工すると、どれくらい飛ぶのか?

仮に、手持ちのゴルフドライバーの反発係数が、0.810だった場合を考えてみましょう。

ドライバーのフェース面を研磨して、高反発加工を施したと仮定します。反発係数 0.810 から 0.825 に反発係数を高めた場合、その差は 0.015 となります。

一般的な考え方としては、反発係数が0.001高くなることで、約1ヤード飛距離アップすることができるとされています。反発係数が、0.015高まれば 飛距離は約15ヤードほど飛ぶということになります。高反発加工を施しているものの、スプリング効果規則(SLE規制)で定められた数値の許容範囲内で加工を施すこともできます。

 

フェースを研磨しまくって超高反発にすれば、もっと飛ぶ!?

反発係数が高ければ、高いほど飛ばせるという理論なのですが、フェースを研磨し過ぎると、フェース割れが懸念されます。研磨し過ぎて、超高反発にしたものの、一ヶ月でフェースが割れたということになってしまうこともありますので、研磨し過ぎは注意が必要です。

また、超高反発にした場合は、ミート率が著しく高くなることもあります。すると、バックスピン量が増え過ぎてしまって、逆に飛ばなくなってしまうこともあります。ですから、自分のヘッドスピード、スイングパワーに合わせて、高反発加工されることをお勧めします。

目次に戻る

 

 

ツアー仕様のゴルフドライバーは飛ぶ

ツアー仕様のゴルフドライバーが販売されているのを見かけたことがあります。特にはヘッドのみを販売していることがあります。ツアー仕様というのは、プロゴルファーが実際のツアーで使用するためにチューニングを施したものです。ですから、反発係数もルール範囲内で高くなっており、市販されているゴルフドライバーよりも飛びます。

目次に戻る

 

 

フェース面を研磨する高反発加工・COR加工

自分が所有しているドライバーの反発係数を高めて、高反発にするという加工があります。フェース面を研磨して肉薄化して、高反発にするという加工です。飛距離不足を感じているゴルファーにとっては、とても有効的な方法です。

単純にフェース面を研磨して肉薄化にすれば良いというわけではありません。現状のフェース面の厚みがどれほどなのかを計測し、どれほど研磨して薄くするかを見極めることから始まります。

一般的にはCOR加工と呼ばれています。

市販されているドライバーのフェース面の反発というのは、ルール規定内におさまるように生産されており、反発係数0.83以内となっています。ただ、大量生産するうえで、何千本、何万本というドライバーの反発係数を0.83以内に保つことは難しく、若干の誤差が発生しても良いように、0.82前後程度で生産されている場合が多くあります。0.82を目標として、誤差が発生したとしても、0.815となったり、0.825となったり、バラつきはあるものの、ルール規定の0.83以内におさめることがで、ルール適合のドライバーとして販売することができるからです。

同じメーカー、同じモデルのドライバーであったとしても、フェース面の反発係数が異なることもしばしばあります。高反発加工は、バラつきが出てもルール規定内におさまるように生産された、反発の低いドライバーの反発を高くするという加工です。言い換えれば、飛ばないドライバーを、飛ぶドライバーにチューニングを施すということになります。

 

フェース面を研磨するわけですから、もともとフェース面に刻印されていたスコアラインなども消えてしまいます。ですが、フェース面の研磨を終えてから、レーザー加工によりスコアライアンを入れることもできます。反発係数が、0.001 高くなれば飛距離は1ヤードアップするとされています。

最近では、大型ゴルフショップ店でも高反発加工を施すようになってきました。飛ばないゴルファー、飛ばなくなったシニアゴルファーの助けになることは間違いありません。

もともとヘッドスピードが速いゴルファーの場合は、フェース面が割れてしまうことがありますので、高反発加工はヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーの手助けとなるチューニングです。

一般的に市販されているドライバーのフェース面を研磨して高反発加工して飛距離アップを目指す場合に気をつけなければいけないのは、高反発加工ができないドライバーもあるということに留意する必要性があります。

そもそも、高反発加工とは?

高反発加工、COR加工という言葉を耳にしたことがあるかと思います。さて、どのような加工をするのかご存知ですか? 高反発加工・COR加工というのは、ゴルフドライバーのフェース面を研磨して、肉薄化することです。すると、フェース面の反発が高くなり、飛距離アップができるという加工です。

一般的に市販されているドライバーの殆どの反発係数は、0.83以下となっています。製造上、フェース面の肉厚に誤差が発生してしまうこともあり、SLEルールで定められている反発係数0.83以内におさまるようにするために、最初から反発係数が0.83以下となるように製造します。

高反発加工・COR加工は、フェース面を研磨して、SLEルールで定められている反発係数0.83を超えれるほどの高い反発が得られるように加工することです。

フェース面のスコアライン

フェース面を研磨した後、スコアラインを元通りにするという方法があります。実際の作業としては、レーザーでスコアラインやフェース面に描かれた模様を刻印するという方法があります。スコアラインやフェース面の模様を復元することができれば安心です。フェース面にスコアラインや模様が無くなってしまったら、不思議な雰囲気のドライバーとなってしまいます。

フェース面を研磨してしまうということはスコアラインなども削ってしまいます。ですが、レーザーでスコアラインを刻印することできますので、スコアラインを復元させることが可能です。

フェース面の強度

COR加工、高反発加工というのは、フェース面を研磨して肉薄化にします。ですから、割れやすくなってしまいます。また、COR加工、高反発加工を施すときには、そのゴルファーのヘッドスピードに併せて、フェース面を研磨していきます。例えば、ヘッドスピードが38m/sのゴルファーのために、フェース面を研磨した高反発ゴルフドライバーをヘッドスピードが45m/sのゴルファーが打つと、フェース面が割れてしまう可能性があります。

注意点としては、自分のヘッドスピードに併せてフェース面を研磨している場合は、他の人にドライバーを貸したりしないということです。フェース面が割れてしまうことがあります。

COR加工、高反発加工は、低反発なドライバーを飛ぶ高反発ゴルフドライバーへとチューニングしてくれる、技術です。ですが、良く考えて加工をしなければ、大切なドライバーが台無しになってしまいますので、注意が必要です。

目次に戻る

 

 

中古ドライバーを高反発加工する

中古ドライバーというのは、既に使用済みであるということです。そのドライバーで何発ボールを打ったのかは判断できませんが、中古ドライバーはフェース面が磨耗してしまっており、既に劣化している場合があります。その様な場合は、フェース面を研磨することが難しくなります。磨耗して、劣化しているようなフェース面を研磨しようとするだけで、フェース面が割れてしまうこともあるからです。

今現在、使用しているドライバーを高反発加工にすることもできますが、できれば新品で購入したドライバーを高反発加工された方が賢明です。

目次に戻る

 

 

ソール側にスリット(溝)が入っているドライバーを高反発加工する

最近のドライバーは、ボール初速を速くするためとスイートエリアを拡大するために、ソール側にスリット(溝)を設けているモデルがあります。その様なドライバーの場合は、フェース面を研磨できないことがあります。フェース面を研磨すると、スリット(溝)に向かって亀裂が入ってしまうことがあるからです。

もちろん、ソール側にスリット(溝)が入っていてもフェース面を研磨して高反発加工ができるドライバーもあります。その、ドライバーの形状、構造、デザインによって左右されることがありますので、専門ショップで判断してもらうことが賢明です。

目次に戻る

 

 

高発加工、COR加工の費用

今現在、使用しているドライバーのフェース面を研磨して高反発加工にするには、30,000円~40,000円程必要となります。新品のドライバーを購入したのであれば、ドライバー購入費用と高反発加工費用が必要となります。

※高反発加工費用は、ゴルフ工房によって異なります。上述した費用は、目安として参考にしてください。

フェース面を研磨すると重量が軽くなる

また、フェース面を研磨するということは、フェース面を削るわけですから、ヘッド重量が軽くなってしまいます。そのために、重量調整をする必要もあります。たったの数グラムですが、スイングウェイト(バランス)が変わってきます。重量調整(バランス調整)もすると、さらに数千円のコストが必要となります。

コスト面を考えると、最初から飛ぶドライバー、高反発ドライバーを購入した方が、出費を抑えることができます。フェース面の高反発、長いシャフトでヘッドスピードアップ、慣性モーメントが高い という飛ばすための要素を取り入れた、高反発ドライバーがオススメです。

COR加工、高反発加工した後の打音

 

やはり打音でしょう。COR加工、高反発加工というのはフェース面を研磨して、薄くしますから、高反発になります。ですが、打音はとても大きな金属音となってしまうことがあります。ゴルフ練習場では、大きな金属音が目立ってしまい、恥ずかしさを覚える事もあるほどです。

最近は、ゴルフクラブのチューニング技術は進化しており、フェース面を研磨しても、ヘッド内部に発泡剤を注入して、消音効果を得ることができるようになりました。フェース面を研磨して、甲高くて大きな金属音を消音することができます。発泡剤を注入すると、甲高い金属音が低い音となります。ですが、それが特徴のある音なので、好き嫌いが分かれるところです。

 

COR加工、高反発加工を施すと、打音が甲高い大きな金属音になりますが、発泡剤を注入して消音することができます。

目次に戻る

 

 

関連記事


長尺ドライバーはスライスしない?

 

長いシャフトはヘッドスピードを速くしてくれます

長尺ドライバーは、シャフトが長いドライバーです。ですから、打ち難さを感じてしまうことがあります。ただ、長いシャフトはヘッドスピードを速くしてくれますし、クラブヘッドの直進性が高まります。

シャフトが長い方が強い遠心力が発生しますので、手で調整をすることが難しくなります。長尺ドライバーが、慣性モーメントが高いドライバーと言われるのは、そのためです。言い方を替えると、コントロールができないドライバーとも言えます。

つまり、直進性が高い訳ですから、フェースが開いていたら、開いたままインパクトを迎えてしまい、大きなスライスボールばかり打ってしまうということもあります。そういったことを防ぐために、殆どのドライバーはフックフェースとなっており、フェース面が少しだけ左を向いている(被っている)モデルが多いです。

 

長尺ドライバーはスライスしない?

長尺ドライバーは直進性が高いから絶対にスライスしないという訳ではありません。ただ、慣性モーメントが高いので、操作をすることがし難くなります。操作がし難いということは、自分の手で調整をしたり、合わせたりすることがし難くなりますので、ドライバーヘッドが真っ直ぐボールに向かっていきます。

ただし、直進性が高いということが、裏目に出ることもあります。例えば、フェース面が開くような握り方をしていた場合には、フェース面が開いたままインパクトを迎えますから、自然とスライスボールになってしまいます。

長尺ドライバーを使うことで、スライスを減らすことはできるかもしれませんが、絶対にスライスが無くなるというわけではありません。

 

打点のブレ

シャフトが長ければスイートエリアで打つことが難しくなります。毎回、スイートエリアで打つことが難しくなりますから、ミート率が下がるということもあります。シャフトが長いので、直径約4センチという小さなボールにドライバーのフェース面の真ん中で打つということが難しくなり、トゥ側でインパクトしたり、ヒール側でインパクトしたりという、打点がブレることが増えます。一般的には再現性の低いドライバーであると言われることもあります。

ただ、最近のドライバーはスイートエリアを拡くしようとしていますから、打点が多少ブレたとしても、それなりに飛んでくれるドライバーが増えています。

 

高反発ドライバーに、長めのシャフトがよく使われる

高反発ゴルフドライバーには、長めのシャフトが装着されていることが多いです。シャフトが長い方が、ヘッドスピードが速くなって飛距離アップができるからです。併せて、シャフトが長い方が、強い遠心力を活かして、強いインパクトで打てるからです。また、シャフトの撓り戻りを活かすこともできますし、手打ちになったとしても、スイング軌道がズレ難いです。強いインパクトを迎えることができるのであれば、打ち負けしません。

 

 

関連記事


ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる

ヘッドスピードが遅い場合は、高反発ゴルフドライバー、飛ぶドライバーを使うことで飛距離アップができます。ヘッドスピードが遅くて飛距離が出ないと嘆いているゴルファーは多いです。ですが、考え方を変えることで、ヘッドスピードが遅い方が飛距離アップできる可能性があります。ヘッドスピードが速いゴルファーとヘッドスピードが遅いゴルファーの違いを知ることで、ヘッドスピードが遅くても飛距離アップできる可能性を見出すことができます。

 

 

ヘッドスピードが速いゴルファー

ヘッドスピードが速いゴルファーの悩みは、強いインパクトを迎えることができ、ボールを飛ばすことができるという反面、バックスピン量が増えてしまい、飛距離をロスしてしまうということです。ヘッドスピードが速いゴルファーは、ボールに揚力を与えることができますから、弾道は高くなります。高い弾道はバックスピン量が多くなっている可能性があり、実は飛距離をロスしてしまっている可能性があります。バックスピン量を減らすことは、難しいというのが現実です。スライスも同じで、右回転が発生してしまうのが、スライスの原因ですが、右利きで右打ちの場合は、スライス回転(右回転)が発生しやすいです。バックスピン量、スライス回転を減らし難いのがヘッドスピードが速いゴルファーです。

目次に戻る

 

 

ヘッドスピードが遅いゴルファー

ヘッドスピードが遅いということは、ボールに与えるエネルギーが少ないということです。ですから、ボールを高く上げるための揚力が少なくなります。ある程度の高さがなければ、キャリーを出すことができません。ボールに与えるエネルギーが少なくて、弾道が低いということは、バックスピン量が少ないということがいえます。バックスピン量が少ないということが飛距離アップするためのヒントとなります。

ボールに与えるバックスピン量が少ないまま、適切な打ち出し角度でボールを打てるようになれば、一般的に棒球と呼ばれる、弾道を打つことができます。バックスピン量が少ないので、ランも出やすくなります。また、弾道が低いことは悪い事ではありません。弾道が低ければ、ランが多くだせる可能性もあるからです。ただし、上りのホールでは苦労することもあります。

目次に戻る

 

 

ヘッドスピードが遅くても飛距離アップ

高い弾道を打つことに必要なのはヘッドスピードではなく、低重心で低スピンなボールを打つことができるドライバーです。飛距離はキャリーとランの合計が飛距離となります。ヘッドスピードを上げずに、今までよりも少し打ち出し角を高めにしてあげて、バックスピン量の少ないボールを打つことができれば、キャリーとランをかせぐ事ができます。弾道は低くても、多く転がってくれれば飛距離アップできる可能性もあります。

 

 

高反発ドライバーを使えば、飛ばせます!

高反発ドライバーは、ルール不適合モデルです。ですから、月例や競技などでは使うことができません。友人、知人とのカジュアルのラウンドであれば、使うことができます。高反発ドライバーは、フェース面が高反発となっており、反発係数が高いので、それだけで飛ばせるのです。ヘッドスピードが速い人が使うと、フェースが割れてしまう恐れがありますので、ヘッドスピードが遅いゴルファー向けのドライバーとなっています。

私は、ヘッドスピード 38m/s前後しかなかったのですが、高反発ドライバーのお陰で飛ばせるようになりました。月例などでは、高反発ドライバーは使わないようにしています。中古の高反発モデルもありますから、試してみると良いです。また、2008年SLEルールが制定される前に販売されていた、昔の高反発モデルもあります。芯を食ったときの一発の飛びは、最新モデルのドライバーよりも飛んでるかもしれません。ちなみに、中古市場での価格は、たったの3,300円でした。

目次に戻る

 

 

関連記事


本当はドライバーで平均200ヤード飛べば上級者

自分自身のドライバーショットの飛距離を把握しているというゴルファーは少ないです。真芯に当たって、今日イチの飛びだったと思っても、実際は200ヤードくらいしか飛んでいないことが多いです。ドライバーショットの飛距離アップを目指すのであれば、自分自身の本当のドライバーの飛距離を把握することが先決です。

 

平均飛距離を知る

ドライバーの飛距離はどれくらいと聞かれて、200ヤードと答えるのか、230ヤード答えるのかでは、飛距離に対する誤解の有無が明確となってきます。ドライバーの飛距離が230ヤードと答えた場合は、常に230ヤード飛ぶというわけではないはずです。チーピンがでてしまって、180ヤードしか飛ばない場合もあるし、OBになってしまったこともあるでしょう。

ゴルフ場は18ホールあります。そのうち、PAR3のホールが4つありますから、ドライバーが使える最大回数は14ホールとなります。14ホールの平均飛距離が本当の自分の飛距離です。

スライスして飛ばなかった、当たりが悪かった、チーピンが出たということもあります。そういった場合のドライバーショットも含めて、平均の飛距離を算出することが必要です。一般的なアマチュアゴルファーの平均的なドライバーショット(14ホール)の飛距離は180ヤード前後であるとも言われています。あまりにも飛んでないと思われるかもしれませんが、それが真実でしょう。

当たれば飛ぶ、ミスすれば飛ばない、それは当たり前のことです。

つまるところ、ゴルフ場でのドライバーショットは、当たりが悪いミスショットの方が多いということです。ですから、当たりが悪いミスショットでも、そこそこ飛んでくれるようなドライバーをゴルフメーカーも作ろうとしている訳です。

目次に戻る

 

 

 

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは当たりが悪いから

ヘッドスピードが速くても飛ばないのは、当たりが悪いからとしか言えません。当たりが悪いというのは、打点が大きくズレてしまっているということです。フェース面のトゥ側にヒットしたり、ヒール側にヒットしたり・・・かと思えば、フェース面の上部にヒットしてしまったりと、打点がズレてしまえば、当たりが悪くなります。つまり、ミート率が悪くなる訳です。

フェース面の真ん中、芯で打つことが出来れば、ミート率が高くなり、ボール初速が速くなり、飛びます。

ヘッドスピードが速いということは、シャフトの撓りも大きくなりますし、トゥダウン現象も顕著になってきますから、打点はズレやすくなります。ヘッドスピードが速いゴルファーが、チカラを抜いて、ゆっくり振るとナイスショットするというのは、的確なインパクトができて、ミート率が高まっているからでしょう。

飛ばないのは、打ち方が悪いから

ドライバーを買い替えても飛ばない、飛距離が出ないというのは、打ち方が悪いからなのですが、打ち方を変えるのは、容易ではありません。ですから、飛ぶドライバーに買い替えたりするわけです。ただ、最近のドライバーは、シャフトが長くなっている傾向にありますから、逆に打ち難さを感じることもあります。また、カーボン素材を使用しているドライバーも増えており、コンポジット系のモデルが増えてきました。これらのドライバーは、打音が悪くて、本当に良い当たりなのか判らないこともあり、むしろ不安を覚えてしまって、もっと飛ばそうと思って、スイングを壊してしまうこともあります。

高反発ドライバーを使えば良い!

クラブ競技、月例に参加しないというのであれば、高反発ドライバーを使えば、容易に飛距離アップすることができます。フェース面の反発係数が、ルール不適合の高反発となっていますので、今までの打ち方でも、飛ばせます! フェース面が高反発ということは、ミート率が上がります。普通に打っても、ミート率1.5を超えてきます。これこそ、高反発ドライバーの威力です。

高反発ドライバーは、ミート率が上がる

フェース面の反発係数を高い、高反発ドライバーを使うことのメリットは、ミート率が高くなります。高反発であることから、ボールスピードが速くなり、ミート率が高くなります。実際に打ってるところを測定器で計測をすると、ミート率1.50を超えることもあります。これも高反発ドライバーのメリットです。つまり、高反発ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファーでも、ミート率を高くして、ボールスピードを速くすることができるということです。そして、結果的に飛距離アップできます。

目次に戻る

 

 

 

飛距離アップ

ドライバーの飛距離アップを目指す場合には、自分の平均飛距離を知ることから始まります。

平均飛距離が180ヤードであれば、そこから5ヤード、10ヤード、15ヤードというように少しづつ目標を高めていけば、飛距離アップをすることができます。

ドライバーの平均飛距離が200ヤードともなれば、上級者ゴルファーです。平均して200ヤードということは、当たれば230ヤードくらいは飛ぶでしょうし、ミスショットをしても180ヤード以上は飛んでいるだろうと想像できます。

当たれば飛ぶ という考えではなくて、ミスヒットしても飛ぶ というドライバーを使うことで、平均飛距離は伸びてきます。

飛距離をロスさせている大きな原因としては、スライスです。スライスを軽減させることができれば、飛距離は伸びます。 スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますし、曲がった分だけ飛距離ロスしてしまうからです。

目次に戻る

 

 

高反発ドライバーを使えば、飛距離アップできる

打ち方を変えたり、スイングを変更することは、とても大変なことです。一朝一夕で、できることではありません。ならば、飛ぶドライバーを使った方が良い訳です。SLEルール不適合モデルとなってしまいますが、高反発ゴルフドライバーを使った方が、簡単に飛距離アップができます。飛距離が落ちてきた、もっと飛ばしたいと思っているのであれば、高反発ゴルフドライバーを試してみると良いです。

目次に戻る

 

 

 

関連記事