高反発ドライバーの打ち方

高反発ドライバーの打ち方の紹介です。先に答えを書きますが、従来のドライバーと打ち方は殆ど変りません。いつも通りにスイングしてもらうだけで飛ばせます。いつも通りの打ち方で問題ありませんので、注意点を抽出して紹介しますので、参考にしてください。

 

いつも通りのスイングで飛ばせる

高反発ドライバーは、いつも通りの打ち方、いつも通りのスイングで打てば大丈夫です。高反発ドライバーだからといって、無理して飛ばそうとか、速く振ろうとかしなくても大丈夫です。速く振ろうとすると、無駄なチカラが入ってしまって、ダフってしまったり、テンプラになってしまうこともあります。余計なミスショットにつながる可能性があるので、注意して下さい。

無理して速く振ろうとしなくても良い

高反発ドライバーの多くは、シャフトが長めの46インチとなっています。シャフトが長い方がヘッドスピードが速くなります。ですから、いつも通りのスイングをするだけでもヘッドスピードが少し速くなり、勢いよくドライバーヘッドをボールにヒットさせることができます。

すると、ヘッドスピードが速くなっているのでボール初速が速くなります。併せて、フェース面の高反発により更にボール初速が速くなり、飛距離アップができるという訳です。

長尺シャフトの効果とフェース面の高い反発力で飛ばしの相乗効果を得ることができます。

ボールを上げようとしなくても良い

高反発ドライバーの場合、もともとヘッドスピードが遅いゴルファー向けに開発されていることが殆どです。ですから、いつも通りにスイングをすれば、インパクトでドライバーヘッドが上を向くような挙動をしてくれるので、打ち出し角度を高くして、高弾道で打てます。自分でボールを上げようとしなくても、自然とボールが上がってくれます。

ボールを上げようとする動作こそが飛ばせない打ち方となってしまうので注意して下さい。

ドライバーヘッドの重さを感じながら振る

腕にチカラが入ってしまうような場合は、ドライバーヘッドの重さを感じるようにスイングすると良いです。ドライバーヘッドの重さを感じようとすることで腕のチカラを抜くことができます。そのまま、下半身先行で腕を振ると、勢いよくドライバーヘッドが加速します。ドライバーヘッドがゴルフボールにクリーンヒットすれば、フェース面の高反発力でボールを弾き飛ばせます。

フェースの芯で打つイメージを持つこと

もっとも大切なのはフェースの真ん中、芯(スイートエリア)で打つということです。高反発モデルのもっとも反発力が得られるのがフェースの真ん中であり、スイートエリアです。フェースの芯(スイートエリア)で打つことで、トランポリン効果が得やすくなります。打点がズレてしまうと、反発力が活かせないことがあります。高反発ドライバーでも芯を外してしまうと、飛距離を落とすことがあります。しっかりと、フェースの芯(スイートエリア)で打つと良いです。

フェース面が高反発につくられている、高反発ドライバーでも、打点がズレてしまうと反発力が落ちてしまいます。できれば、フェース面の真ん中(芯)のスイートエリアでゴルフボールを打つように意識してください。

2018年8月 ハヤブサドライバー 最新情報

 

2018年8月 ハヤブサドライバー

台風が近づいているにも関わらず、久しぶりにボールを打ってきました。久しぶりの打ちっ放しでしたので、ウォーミングアップで十分に身体をほぐしてから打ちました。しかし、暑いです。私が通ってるゴルフ練習場は、屋外なので、とにかく暑いです。人もあまり来てませんでした。ただ、夏は飛距離が出ます。冬よりもボールが飛びますので、暑い時期に打ちまくって、飛ばせるようにしておきたいと考えています。

ハヤブサドライバーは、46インチという長尺ドライバーなのですが、クラブ全体のバランスが良いのでとても振りやすいです。ライ角がアップライトということもあり、とても構えやすいです、

 

ハヤブサドライバーは、捉まりが良いです

ドライバーを持って構えて、ドライバーヘッドをソールすると、とても座りが良いです。重心深度が深いドライバーの場合は、ドライバーヘッドをソールするとヘッドが後ろ側に倒れてしまうことがあります。そのようなドライバーの場合、インパクトでもヘッドが後方に倒れやすく、けっこうスライスしやすいです。つまり、インパクトでフェースが開きやすいということになります。ハヤブサドライバーは、ドライバーヘッドが後方に倒れにくく、フェースの開きを抑えて、スクエアにインパクトしやすいです。

最近ありがちな、インパクト瞬間に衝撃でフェースが開いてしまう感じではありません。自然とヘッドローテーションしてくれる、捉まりの良いドライバーです。そもそも、高反発ドライバーというのは、フェース面の高反発を活かすために、ボールを捉まえて飛ばすことが必要となるので、基本的には捉まるドライバーです。

ヘッドがスクエアに戻る

ハヤブサドライバーは、重心位置のバランスが良いので、ヘッドが後方に倒れにくく、常にスクエアに戻ろうとします。スクエアに戻るというのは、ヘッドローテーションがしやすいことであり、捉まりが良いということです。捉まるというのは、フック系のボールが打ちやすく、スライス回転を減らすことができます。

スライスを回転を減らして、ストレートボールを打てれば、そだけでも飛距離アップができます。

 

ハヤブサドライバーは、何年モデル?

ハヤブサドライバーは、2015年頃に登場してきた、高反発ドライバーです。ラインナップとしては、1つしかありません。他の地クラブの設計・製造に携わっている、有名な製造工場でつくられており、ハヤブサドライバーも地クラブ並の重心配置設計と重心バランスとなっており、数年経過しても飛び性能が衰えることはありません。

時代のトレンドを追いかけているのではなく、本当に飛ぶドライバー、飛距離を追いかけているドライバーですから、何年経過しても飛び性能は褪色ないモデルです。

ハヤブサドライバー スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度
  • シャフトフレックス:R
  • 長さ:46インチ
  • ライ角:61度

 

高反発は、やっぱり飛ぶ!

高反発ドライバーは、やっぱり飛びます。夏であれば、尚更ボールが飛びやすいです。高反発ドライバーと高反発ボールを使えば、もっと飛ばせます。ゴルフは、飛ばせた方が楽しいですし、良いスコアでラウンドができます。ハヤブサドライバーは、46インチという長さになっていますが、ライ角がアップライトなので、とても構えやすくて、振りやすいです。

クラブ総重量は、280グラムくらいなので、軽量です。軽い方が速く振れるので、ヘッドスピードが速くなるし、ボールスピードも速くなります。

高反発ドライバー、最大の魅力はミート率が高くなること

高反発ドライバーの魅力といえば、ミート率が高くなるという点です。打点がズレても、当たり損ないでも、ミート率が高くなる傾向があり、ボールスピードが衰えません。簡単にミート率1.45以上を出すことができますし、真芯で打てると、ミート率1.50を超えてきます。高反発だからこそ、ミート率が高くなり、ボールスピードが速くなります。だから、飛距離アップできるのです。

ただ、どれだけ高反発だといっても、捉まりが悪いと、フェース面の反発力を活かすことができません。高反発でも、捉まらずに、スライスばかりだと飛ばすことができません。ハヤブサドライバーは、ヘッドローテーションがしやすくて、捉まりが良いので、フェース面の反発力を活かして飛ばすことができます。