高反発加工済みドライバー中古 購入の注意点

高反発加工済みドライバー中古の盲点

中古クラブのなかで、高反発加工済みドライバーというのが販売されていることがありますが、フェース割れの危険がありますので、購入されるときには、注意してください。

 

高反発加工は、ヘッドスピードに合わせて加工している

高反発加工というのは、手持ちのドライバーのフェースを研磨して、肉薄化することで、高反発ドライバーへと改造することです。そのときに、反発係数を決めて肉薄化するのですが、ドライバーを使用するゴルファーのヘッドスピードに合わせて研磨します。

ヘッドスピードが 38m/s のゴルファーであれば、ヘッドスピード38m/sで打っても耐えられる程度にフェースを研磨します。ヘッドスピード 38m/sのゴルファーに合わせて、高反発加工したドライバーを、ヘッドスピード 42m/sのゴルファーが使用すると、フェース割れの恐れがあります。

高反発加工済みの高反発ドライバーは、反発係数が高くて、飛ばせるのは事実ですが、フェース割れの恐れが十分にあるということを知っておくことも大切です。高反発加工が悪いと言っているのではなく、高反発加工済みの中古ドライバーが、自分のスイングパワーに合うかどうかということを気にすると良いということです。

 

 

どれくらい研磨されてるのか判らない

高反発加工済みの中古ドライバーは、高反発加工済みであることは、記載されているものの、どれくらいの反発係数なのかは、不明確です。どんなタイプのゴルファーに合わせて研磨しているのか判りません。もしかしたら、ヘッドスピード 36m/sのゴルファー向けに高反発加工されているかもしれません。それを、ヘッドスピード 43m/sのゴルファーが使ったのであれば、その高反発加工済みドライバーの寿命は著しく短くなります。つまるところ、フェース割れの可能性が高くなるということです。

高反発加工済みドライバーを購入することが悪いというのではなくて、このような注意点があるということを知って欲しいのです。

その他、おすすめ関連記事

ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー... 写真:アトミックゴルフ   反発係数0.86という高反発で飛ばします。チタンの中でも強度が強いと言われている、DAT55G+を使...
高反発ゴルフドライバーは、シニアゴルファーのタメだけのクラブじゃない... 更新:2018年11月03日 高反発ドライバーといえば、非力なシニアゴルファーをイメージします。ですが、シニアゴルファーのためだけのド...
地クラブで飛距離アップした葭葉ルミ... 今年の女子ツアーで飛ばし屋といえば、葭葉ルミです。渡邊綾香よりも飛ばしてますし、キム・ハヌルよりも飛んできます。今年一番のドライバー...
高反発ドライバーの見分け方 更新:2018年11月03日 高反発ドライバーの見分け方を考えてみましょう。クラブ競技で、同伴者が高反発を使っているかも?と思ったこと...
高反発ドライバーの高反発とは? 反発係数の説明... 更新:2018年11月03日 高反発・・・その言葉は、ゴルフに詳しい人であれば、すぐにわかります。高反発ドライバーのことです。フェース...
超高反発ゴルフドライバー ニューディーギブリ... NUD GHIBLI(ニューディーギブリ) は 地クラブで有名なBALDO(バルド)と同じ会社 株式会社エヴァンジェリストジャパン ...
高反発ドライバー カタナ | ボルティオ ニンジャ... 更新:2018年11月03日 高反発ドライバーの中でも歴史があって、人気があるのは、KATANA(カタナ)です。以前より、高反発モデル...
超高反発性能のドライバー | 20180207