超高反発モデル 飛砲ドライバー

Lynx(リンクス)の超高反発ドライバー、飛砲ドライバーの紹介です。

 

超高反発モデル 飛砲ドライバー 特徴

従来の高反発ドライバーの場合、ヘッドスピードが速いゴルファーが使用するとフェース割れの恐れがあり、使えなかったりすることが殆どです。ですが、Lynx(リンクス)の飛砲ドライバーは、ヘッドスピード 40m/s超えでも使えるし、飛ばせる設計となってます。

広告

ヘッドスピードが遅くても飛ばせるし、ヘッドスピードが速くても飛ばせるという高反発ドライバーです。ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーでも使えるというと、シャフトがハードスペックなイメージを持たれるかもしれませんが、シャフトはソフトスペックとなってます。軽くて、撓りやすく、クラブ総重量も軽くなってます。

 

反発係数

反発係数は、驚異の0.88超えとなってます。
CT値に変換すると CT値382となります。

一般的なドライバーが、反発係数0.83以内(CT値257)ですから、かなり高反発となってます。
誰でも20~30ヤードくらいは飛距離アップできる計算となります。

 

基本スペック

ヘッド体積は460ccです。ロフト角は、2種類から選べます。ややフックフェースとなっており、ボールを捕まえようとしてます。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度、11.5度
  • ライ角:59度
  • フェース角:フック0.5

 

装着シャフト

装着可能なシャフトは、2種類あります。飛砲ドライバー オリジナルのスピーダーのシャフトが用意されてます。

Speeder40 カーボンシャフト

フレックス R SR
トルク 6.3 6.3
クラブ総重量 272 274
バランス D5 D6
広告

Speeder36 カーボンシャフト

フレックス uni
トルク 6.5
クラブ総重量 268
バランス D4

 

超高反発モデル 飛砲ドライバー 購入

超高反発性能のドライバー