飛ぶ!人気ドライバー 短尺モデルの高反発 | 短尺ドライバー

高反発ドライバーというと、シャフトが長いというイメージがありますが、短尺モデルの高反発ドライバーもあります。珍しい、短尺の高反発ドライバーを紹介します。短尺モデルのドライバーは、高反発ドライバーの中でも人気の兆しが見えます。

短尺モデルの高反発ドライバーを見つけましたので、紹介します。
とても、お買い得な価格となっています。

 

 

オリマー ゴルフ ORM-500 Hi AGチューン ドライバー


写真:アトミックゴルフ

 
SLEルール不適合モデル
長さ:44.5インチ

ヘッド体積500cc、長さ44.5インチ、しかも高反発という、デカヘッド+短尺+高反発という三拍子揃った誰でも飛ばせる高反発モデルの短尺ドライバーです。さらに、デカヘッドでフェース面が広くなっており、打点がズレても超高反発で飛ばせます。スイングが安定しなくて、打点がズレてしまうゴルファーでも、しっかりとフェース面でボールを弾いて飛ばせます。

目次に戻る

 

 

パワービルト ゴルフ スーパーモメンタム 530 ドライバー


写真:アトミックゴルフ

 

SLEルール不適合モデル
長さ:43.75インチ

超デカヘッド&超高反発で短尺となっているドライバーです。長さは43.75インチとなっており、最近の3番ウッドよりほんの少し長いだけです。短くて振りやすくて、高反発でボールを弾き飛ばせるドライバーです。最近のドライバーは、長いし、振り難いし、打点がズレて、余計に飛ばないと嘆いているゴルファーにぴったりなドライバーです。

目次に戻る

 

 

PROTEC エクサス フォージド ドライバー


写真:アトミックゴルフ

SLEルール不適合モデル
長さ:43.5インチ

長さ43.5インチ、ヘッド体積290ccとなっており、3番ウッドに近いスペックとなっています。これは、まさしく、流行しているミニドライバーに分類されるモデルです。ライ角が60度となっており、かなりアップライトとなっていますので、アイアンと同じように縦に振るイメージを持つことができます。アイアンとウッドで打ち方を変える必要が無いので、シンプルな打ち方で、シンプルに飛ばせます。見た目的にも、カッコいいので、ジュニアゴルファーにも向いています。

目次に戻る

 

 

ムツミホンマ 短尺高反発ドライバー

SLEルール不適合モデル
長さ:43.5インチ

高反発モデルドライバーを丁寧に製造しているムツミホンマの短尺高反発ドライバーです。ヘッド体積488ccというデカヘッドに43.5インチという短尺で振りやすくて、ミートさせやすく、フェースの高反発力を十分に活かすことができます。

詳細紹介はこちら

目次に戻る

 

 

短尺ドライバーの流行と人気

2017年後半くらいから、短尺ドライバーの人気が高まってきました。それは、海外のプロゴルファーが、シャフトを短くして、フェアウェイキープ率を高めるために、短尺ドライバーを使い始めたからです。シャフトを短くすると、少し飛距離が落ちるようですが、振り易くなってミート率が高くなるので、あまり飛距離が落ちないとのこと。また、方向性が良くなります。

石川遼でさえ、最近は短尺ドライバーを使っているとのことです。プロゴルファーも、調子が悪くなると、シャフトが短いドライバーの方が安心して打てるのでしょう。その辺りは、アマチュアもプロも変わらないのかもしません。

目次に戻る

 

 

短尺ドライバー、短尺モデルの高反発ドライバーのメリット

短尺モデルの高反発ドライバーのメリットは、振り易いということです。従来の高反発ドライバーの殆どは、シャフトが長くなっており、46インチ前後のモデルが主流です。シャフトが長いと、振り難くて余計に飛距離を落としてしまうというような人は、短尺モデルの高反発ドライバーを使ってみると良いです。

ミート率が高くな

シャフトが短くなった分、振り易くなって、ミート率が高くなると言われています。つまり、芯で打ち易くなるということです。しかも、高反発ドライバーの短尺であれば、フェース面の高反発との相乗効果により、さらに飛ばせる可能性が高くなるということです。

目次に戻る

 

お値打ち! 人気ドライバー、高反発ドライバー 1万円~2万円以内

短尺モデルの高反発ドライバーもあります

 

お値打ち 高反発ドライバーの特長

お値打ち! 人気ドライバー、高反発ドライバー 1万円~2万円以内の高反発ドライバーの紹介です。たまに、新聞広告に掲載されている高反発ドライバーを見たことありませんか? あの新聞広告に掲載されていた、高反発ドライバーも紹介していきます。お値打ちな高反発ドライバーを紹介しますので、これからのゴルフに向けて、飛ばす用意をしてみては如何ですか?

こちらで紹介するドライバーは、値段は、安いですが、ルール不適合の高反発ドライバーばかりです。ヘッド体積も460ccオーバーのドライバーもありますし、シャフトが短い(短尺ドライバー)モデルもあります。

飛距離を抑止するための、ルールを度外視したつくりとなっており、従来のドライバーの概念を超えています。ルール不適合、非公認の飛びを実現できるのが、高反発ドライバーです!

価格相応の品質

値段が安い高反発ドライバーの特長としては、シャフトのクオリティがイマイチです。これは、悪口とかではありません。価格がとても安いので、価格相応であることを理解して頂きたいという意味です。

価格からすると、シャフトまで高性能にすることは難しいのでしょう。ただ、フェース面に使用されているチタン合金に関しては、飛ばせるチタン合金を使用していますし、強度もありますし、高反発に向いている素材を使用しています。

 

ヘッドスピードが速いゴルファーは使えない

基本的に、高反発ドライバーは、ヘッドスピードが遅いゴルファー向けとなっています。ヘッドスピードが速いゴルファーが使用すると、フェースが割れてしまう恐れがあります。フェースが割れなかったとしても、バックスピン量が増え過ぎて、逆に飛距離が出なくなってしまいます。

対象となるゴルファーのヘッドスピードは、40m/s以下となっていますので、注意してください。高反発ドライバーは、あくまでもヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーが飛距離アップを目指すためのドライバーです。

目次に戻る

 

 

ジュニアゴルファーにもおすすめ!

価格の安い高反発ドライバーは、ゴルフをはじめたばかりのジュニアゴルファーにもオススメです。いきなり高価なドライバーを使うよりは、安価だけど高反発で飛ばせるドライバーを使って、飛ばすクセをつけておくことができます。昨今、ドライビングパフォーマンスの高いゴルファーが強い傾向にありますから、飛ばすこともスコアメイクのひとつです。年齢の若いうちから飛ばすことに慣れておくと、飛ばせるゴルファーになれます。

目次に戻る

 

 

ヤードハンター 高反発ゴルフドライバー


写真:アトミックゴルフ

SLEルール不適合・高反発モデル

目次に戻る

 

 

ワークス ゴルフ マキシマックス プレミア レッドリミテッド

SLEルール不適合・高反発モデル

目次に戻る

 

 

ワークスゴルフ マキシマックス プレミア ホワイトヘッド ドライバー

SLEルール不適合・高反発モデル

目次に戻る

 

 

アドバイザーゴルフ EQ-1 GPS ドライバー

SLEルール不適合・高反発モデル

目次に戻る

 

 

カタナの高反発ドライバーが半額


写真:アトミックゴルフ

型落ちのカタナの高反発ドライバーが、アウトレット価格となっており、半額以下の価格で購入できます。中古ではありません。新品です。ヘッドカバーなども付属していますし、未使用品です。超高反発のカタナのドライバーが気になる人は、一度チェックしてみて下さい。お値打ち価格となっています。

14,999円~39,990円くらいの価格で販売されています。

目次に戻る

 

 

もっと、お値打ち! 中古高反発ドライバー

こちらで、紹介する中古の高反発ドライバーは、昔のモデルです。2008年 SLEルールが制定される前に発売された、高反発モデルのドライバーです。キャロウェイ、テーラーメイドなど、有名メーカーの高反発ドライバーがあります。古いモデルですが、中古でお値打ちですし、飛び性能は衰えていません。芯で打てると、最新モデルのドライバーよりも飛ばせます。

昔の高反発モデルのドライバーで、オススメできるのは、テーラーメイド、ゼクシオです。昔のゼクシオも高反発モデルがありました。小さ目のヘッドで、シャフトが短くて、とても構えやすくて、打ちやすいのです。

以下のリンクから、昔の高反発モデルをチェックすることができますので、チェックしてみて下さい!

目次に戻る

 

 

関連記事


人気の高反発ドライバー おすすめリスト

高反発は、やっぱり飛びます。飛ぶドライバーと言われる理由としては、フェース面の反発係数が高いという点です。飛ばすには、フェース面の反発係数が高い方が良いです。人気のある高反発ドライバーをまとめましたので、高反発ドライバー選びの参考にしてください。

 

高反発ドライバーの反発係数に関して

高反発ドライバーの最大の特徴であるのが、フェース面の反発係数が高いという点です。SLEルール(ゴルフ規則)では、フェース面の反発係数は 0.83以内と定められていますが、高反発ドライバーの殆どが、反発係数0.83超えとなっています。高反発にすることで、ボールを強く弾いて、飛ばすことができます。だから、飛ぶドライバーと呼ばれるのです。

SLEルールが制定される以前は、普通に高反発ドライバーが販売されていましたし、普通に高反発ドライバーを使っている人も居ました。ルールで定められていないので、自由度が高かった時代でした。

現代は、SLEルールが制定されてしまったので、反発係数0.83を超えるような、高反発ドライバーは、正式な競技で使えないということとなり、少しずつですが高反発ドライバーは、使ってはいけないという考えが広まっていきました。

飛ぶドライバー、高反発ドライバーは、ルール違反、非公認クラブだから使ってはいけないという考えは間違ってはいませんが、仲間達との遊びラウンドであれば、使っても問題ありません。正式な競技で使うことができないということです。

 
目次に戻る

 

 

高反発に関する注意点

高反発ドライバーのフェース面を肉薄化することで、反発を高めています。肉薄化するということは、フェース面が薄くなることですから、使用頻度によっては割れやすいという点が懸念されます。ですから、高反発ドライバーの殆どは、ヘッドスピードが遅いゴルファーが使うことを前提として作られています。ヘッドスピードが速い人が使用すると、フェース面が割れてしまう恐れがあるからです。

多くの高反発ドライバーが、ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーが使用するとフェース割れの可能性があると注意事項に記載されていることが多いです。

ヘッドスピード40m/s以下、ヘッドスピード38m/s以下くらいのゴルファーが使用すると、高反発の威力を発揮することができるとされていますので、注意してください。

 
目次に戻る

 

 

高反発ドライバーの総重量

非力なゴルファー、ヘッドスピードが遅いゴルファー向けに作られていることもあり、クラブ総重量が軽くなっています。重くては、非力なゴルファーでは振り回せないからです。クラブ総重量を軽くすることで、振り易くして、速く振れるようにしています。重くて振り切れなかったら、飛ばないドライバーとなってしまいます。飛ぶドライバーは、優しく振り切れる、軽いモデルが多いです。

 
目次に戻る

 

 

高反発ドライバーの選び方

これから、高反発ドライバーを使ってみようと思っている人に向けて、自分に合った選び方をまとめましたので、参考にしてください。高反発ドライバーが、どのようなドライバーなのかということと、高反発の特長、高反発モデルのスペックなどを紹介しながら、選び方をまとめました。

高反発ドライバーとは?

高反発ドライバーとは、フェース面の反発係数が高いドライバーです。SLEルール(ゴルフ規則)では、反発係数は、0.83以内と定められていますが、高反発モデルは、反発係数が0.83超えとなっており、高い反発でボールを弾き飛ばすことができるモデルです。

メーカーによって、反発係数は異なります。超高反発で0.840となっているモデルもあります。反発係数が高ければ、高いほど、ボールを弾くエネルギーは強くなりますが、フェース割れの恐れがありますので、自分のスイングパワーに合わせて選ぶ必要があります。

高反発ドライバーのスペック

高反発ドライバーの殆どは、非力なゴルファー、スイングパワーが無いゴルファー、女性ゴルファー向けとして作られていることが多く、総じてクラブ総重量が軽くなっています。また、シャフト重量も軽くて、トルクが多くなっていますので、しっかりとシャフトを撓らせて飛ばせることができます。

高反発ドライバーが向いているゴルファー

飛距離が落ちてきたシニアゴルファー、非力なゴルファー、女性ゴルファーなどが向いています。クラブ競技や月例などに参加されないゴルファーも高反発ドライバーを使うことで、飛距離アップすることができます。

目次に戻る

 

 

ハヤブサ ドライバー ビヨンド

イチオシ! 高反発ドライバー!

 
ハヤブサビヨンドは、飛ぶドライバーです。シャフト長目めとなっていることとライ角がアップライトで、とても構えやすくて、捉まるボールが打ちやすいです。フェース面の反発係数が 0.83超えの高反発となっているだけではなく、捉まりの良さをも追求しており、曲がらず、真っ直ぐに飛ばせる高反発ドライバーです。どんなに高反発でもスライスしてしまえば、それだけで飛距離ロスしてしまいます。高反発でボールを強く弾いて、真っ直ぐ飛ばすことで、高反発ドライバーの本来の威力が発揮されます。飛距離不足に悩んでいるゴルファー、ヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーに向いてる、飛ぶドライバーです。フェース面の耐久力もありますので、フェース割れの心配がありません。

高反発モデルによく使用されるチタン素材としては、SP700、DAT55G、NewTVCなどがあります。ハヤブサドライバーは、もっとも硬度で、引っ張り強度のある、Ti983チタン合金をフェース面に使用しています。このチタンの反発が強烈なのです。

捉まったドローボール+高反発でキャリーとランを出して、飛距離アップできます。
来週のコンペで勝てるかもしれませんね。

 
目次に戻る

 

 

ZEUS IMPACT 高反発ドライバー


写真:アトミックゴルフ

キャスコの2019年モデルの高反発ドライバーです。ゼウス インパクト イージースペックはデかヘッドで高反発なフェースで、ぶっ飛び系の高反発モデルです。レディース用の高反発ドライバーもあります。

 

目次に戻る

 

 

高反発ドライバー カタナ


写真:アトミックゴルフ

※価格はキャンペーン終了などにより、予告なく変更になることがあります。

型落ちのカタナの高反発ドライバーが、格安となっていますので、要チェックです。売り切れ必至です。ゴールドのヘッドとなっており、ゴージャスで高級感のあるドライバーとなっています。見た目だけではなく、フェース面の反発係数も高くなっており、ヘッドスピードが遅くても、ボールを弾いて飛ばすことができます。反発係数0.880となっており、ルールで定められた、反発係数0.83を余裕で超える高反発となっている、超高反発ドライバーです。故にヘッドスピードが遅いゴルファー向けとなっています。ヘッドスピード 42m/s以上の人が使うと、フェース面が割れてしまうことがありますので注意が必要です。

 
目次に戻る

 

 

ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー


写真:アトミックゴルフ

※価格はキャンペーン終了などにより、予告なく変更になることがあります。

ヘッド体積460cc、反発係数 0.86となっており、ルール適合モデルを余裕で超える高反発となっています。ヘッドサイズが460ccとなっており、一般的な従来のドライバーと同じヘッドサイズとなっていますから、違和感無く、振っていくことができる高反発ドライバーです。

 
目次に戻る

 

 

プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバー


写真:アトミックゴルフ

※価格はキャンペーン終了などにより、予告なく変更になることがあります。

ヘッド体積460cc、反発係数0.885となっており、超高反発ドライバーです。ヘッドのデザインは、クラシカルな雰囲気があり、懐かしさのあるヘッドとなっています。ドライバーの名前通り、スーパーマンに変身できるドライバーです。それほどに、高反発でボールを強く弾いて飛ばすことができるドライバーです。ゴルフ場で飛距離合戦のスーパーマンになれるかもしれません。

 
目次に戻る

 

 

その他、高反発ドライバー

短尺モデルの高反発ドライバー、価格の安い高反発ドライバーもありますので、チェックしてみてください。

目次に戻る

 

 

昔の高反発ドライバー

その昔、普通に高反発ドライバーが販売されていた時代もありました。その時の高反発ドライバーの飛びが忘れられないというゴルファーは、少なくありません。こちらでは、昔の高反発ドライバーの中古を集めましたので、チェックしてみて下さい。懐かしいモデルが多くあります。

昔の高反発ドライバーは、古いモデルですから、中古で購入する場合は、価格が数千円からという値段設定となっていることも魅力です。

 
目次に戻る

 

 

関連記事