飛ぶドライバー 2017年 飛距離アップができるドライバー

昨今、ゴルフドライバーの進化は加速しており、ドライバー飛距離パフォーマンスは飛躍的に向上しています。2017年 話題の飛ぶドライバーのポイントはボール初速アップです。

最近は、クラブヘッドのクラウン部分にカーボンを採用したドライバーが登場しました。ヘッドの上部のクラウン部分にカーボンを採用して、ヘッドの下方向に重心を向けることができます。つまり、低重心化です。低重心にすることで、フェース面のスイートエリアよりも少し上でボールをヒットすることができ、低スピンなボールを打つことができます。ドライバー飛距離パフォーマンスのポイントは低重心です。重心位置が深くても、浅くても、基本的には低重心であることが求められます。低重心+低スピン というのは殆どのドライバーが取り入れている要素です。

2017年の飛ぶドライバーは、低重心+低スピン+ボール初速アップ です。

 

飛ぶドライバー 2017年、ハヤブサ ビヨンド(HAYABUSA BEYOND) 紹介

 
飛ぶ要素を、イメージ図入りで、徹底分解して紹介します。

 

飛ぶドライバーの要素

飛ぶドライバーの要素は、いくつかあげられます。低重心は当たり前の時代です。ロフト角で打ち出し角が決定され、少ないバックスピン量で飛ばせれば、大きなキャリーとランが得られます。低スピンなボールを打つために、重心深度が浅くなっている(フェース面寄り)になっているドライバーが増えています。また、フェース面の高い反発が得られれば、ヘッドスピードが遅くても、ボール初速が速くなり、結果的にドライバー 飛距離アップにつながるということになります。

 
ですが、低スピン過ぎるドライバーは、ボールに揚力を与えることができずに、ボールが飛び出したかと思えば、すぐにボールが落下してしまうようなドロップボールになってしまうこともあります。低スピン過ぎるということは、バックスピン量が少なすぎて、ボールが上がらないということです。ですから、極端な低スピンのドライバーは避けるべきでしょう。いくら低スピンなドライバーといえでも、ボールが上がらなければキャリーをかせぐことができません。

ページ上に戻る

 

 

高反発でボール初速アップ!

 
クラブヘッド全体のたわみ効果と相乗効果を得るようなドライバーも登場してきています。反発力を高めるというよりは、高い反発を得られる範囲を広げる役割があり、ミスヒットに強く、打点がズレても高い反発で飛ばすことができるような工夫が取り入れられています。反発が高いということは、ボール初速アップにつながり、結果的には飛距離アップとなります。

ハヤブサ ビヨンド(HAYABUSA BEYOND)は、もともとフェース面の反発が強いので、ボールを強く弾きます。そして、ボール初速アップが望めます。ヘッドスピードを速くするというのは、速いスピードでクラブヘッドをボールにヒットさせれば、ボール初速が速くなるからです。ヘッドスピードが遅くてもボール初速アップが望めます。

ページ上に戻る

 

 

長いシャフトでヘッドスピードアップ

 
最近では、更なるドライバーの飛距離を追求してシャフトを長めに設定したドライバーが増えています。一般的にドライバーの長さは45インチ前後であるとされていますが、最近のドライバーは45.75インチ、46インチ、47インチという長尺なドライバーも増えてきました。シャフトが長いということはヘッドスピードが速くなりますから、その分だけドライバーの飛距離アップができるという考えなのでしょう。

飛ぶドライバーを選ぶポイントとしては、低重心+低スピン は 一般的となっています。各メーカーが開発したドライバー・ヘッドの重心位置、特徴などを把握して選ぶと良いです。スライスが出やすい人は、フックフェースになったドライバーを選ぶことも大切です。そして、ドライバー・ヘッドの構造も大切ですが、振りやすいシャフト、撓り具合が自分のスイングに合っているシャフトを選ぶことが必須となってきます。

また、ヘッドスピードが遅いゴルファーの方が飛ばせる可能性は高いのです。
ページ上に戻る

 

ハヤブサ ビヨンド(HAYABUSA BEYOND)には、上で紹介した飛ぶ要素が含まれています!

 

 

飛距離アップできる、飛ぶドライバー 2017年 最新モデル紹介

 

ハヤブサ ビヨンド / HAYABUSA BEYOND

イチオシ! ドライバー

長いシャフトによるヘッドスピードアップ、高反発 な フェースによるボール初速アップ、バランスの取れたシャフトの撓りにより、ヘッドを加速させて強いインパクトを実現します。強い弾きでボールを飛ばします。飛距離アップに必要なボール初速、打ち出し角、スピン量 という三要素をバランスよく取り入れたドライバーです。
反発係数に関しての説明も読んでみてください。さらに、実際に試打をしたときの記事もありますので、併せてご覧ください。

低スピンなドライバーのメリットとデメリットの記事も読んでみて下さい。

ページ上に戻る

 

キャロウェイ GBB エピック スター ドライバー


※写真はGDOサイトより

言わずと知れた、話題のドライバーです。ジェイルブレイクテクロノロジーというヘッドの無駄なたわみを抑える仕組みで、強い反発を生み出すドライバーです。無駄なたわみを抑えることで、ボール初速を高めて、飛ばせるドライバーです。また、スライド式のウェイトで重心位置を変更して自分好みの弾道を打つことができます。細かな調整をしなくても、適度な捉まり感があり、ストレートに打ちやすいドライバーです。ボールがスライスしなければ、それだけで飛距離アップができますが、GBB EPIC スタードライバーは、それが容易にできるドライバーです。上田桃子が使っているドライバーです。石川遼もGBB EPIC ドライバーを使っています。

ページ上に戻る

 

テーラーメイド 2017年 M2 ドライバー


※写真はGDOサイトより

テーラーメイドの2017年モデルのM2ドライバーです。前作よりもカーボン使用率を高めたヘッドとなっており、重心も低くなっています。M2ドライバーは、重心が深めになっており、ヘッド後方からボールを押して打つという感覚があります。重心が深い分だけ、スイートエリアが拡大されており、ミスヒットに強くなっています。超低重心+深重心により、低スピンだけど、高い弾道が打てるドライバーとなっています。故にキャリーとランで飛距離をだすことができます。2017年マスターズで優勝した、セルシオ・ガルシアが使っているドライバーです。

ページ上に戻る

 

本間ゴルフ TW737 455 ドライバー


※GDOギアカタログ

とても形の良いヘッド形状とクラウンで構えやすいです。本間ゴルフの特徴としては、上級者が好みそうな綺麗なヘッド形状とフェースが特徴です。また、重心距離、重心高さなど他メーカーが公表してないような、ドライバーの詳細スペックを公表しており、ドライバー選びがしやすいです。TW737 455 ドライバーは、ヘッド体積が456ccとなっており、小振りなヘッドです。また、ソールの後方側にウェイトが配置されており、重心を深くして慣性モーメントを高くしています。TW737 455 ドライバーは、キム・ハヌルが優勝した時に使っていたドライバーです。

ページ上に戻る

 

リョーマゴルフ D-1 MAXIMA Type-D


※GDOギアカタログ

2013年モデルのドライバーですが、ドライバーヘッドとシャフトの設計がしっかりしており、よく飛びます。シャフトは、純正装着で TourAD MX-D グラファイトデザイン製が装着されています。ヘッドは、重心が低くなっており、ヘッドスピードが速くなくても、効率よくボールを弾いてくれるドライバーです。効率よくボールを弾くということは、ヘッドスピードが遅くてもボール初速が速いということです。

ページ上に戻る

 

テーラーメイド GLOIRE グローレF2


※写真はGDOサイトより

長くて軽いシャフトでヘッドスピードを上げる工夫が取り入れられています。ソール側にはスリット(スピードポケット)が設けられており、高反発を得ることができるようになっています。ヘッドが白色ということから、構えるとヘッドが大きく見えるという安心感もあり、長いシャフトでも振り抜きやすいモデルとなっています。標準装着シャフトはGL6600です。長さは46インチとなっています。非力さを感じたら、グローレといわれるほど人気が高いモデルです。また、高反発加工するためのベースとしても、人気のあるドライバーです。

ページ上に戻る

 

プロギア RS 2017 ドライバー


※GDOギアカタログ

今年2017年もPRGRからルールギリギリのドライバーが登場します。去年のモデルはルールギリギリ過ぎて、本当にルール不適合になってしまったドライバーヘッドがありましたが、言い替えれば、本当に反発の高いドライバーヘッドが作れるということです。ルール不適合になってしまいますが。

去年のRSドライバーも飛びましたね。打たせていたことがあるのですが、飛びます飛ぶというか、当たり損ないだなと思っても強い反発が得られるので、自分がイメージしているよりも飛んでいることが多いです。実際に打ってみると、本当にルール不適合モデルが混じっていてもおかしくないと思いました。それくらいに飛びます。お世辞ではありません。

PRGR 2017年 今年も飛ぶドライバーを発売します。
前作モデルよりも、高い反発が得られる面積を広げているとのこと。

ページ上に戻る

 

プロギア RS-F 2017 ドライバー


※GDOギアカタログ

RS-F の F は フェードの F です。写真を見ての通りウェイトの位置がトゥ側寄りとなっており、ソールのヒール側にはヒレのようなバイアスが3本入っています。

ページ上に戻る

 

KAMUI (カムイ) TP-09S ドライバー


※写真は kamuipro.co.jp より

地クラブで有名な KAMUI(カムイ)ですが、TP-09S ドライバーは、フェースをシャローにしてディープフェースが苦手なゴルファー向けに改良されています。シャローフェースとなった分だけ、スピン量が増えて吹け上がってしまう可能性がありますし、ボールが捉まりやすくなります。その点をシャローフェースでディープバックなヘッドとなっており低スピンなボールが打ちやすくし、捉まり過ぎないように設計されています。ヘッド内部への窒素ガス注入は無いモデルです。

ページ上に戻る

 

NUD GHIBLI ( ニューディーギブリ )


※写真はNUD-GHIBLI HIGH COR DRIVER | PADDOCK ONLINE SHOP より

NUD GHIBLI(ニューディーギブリ) は 地クラブで有名なBALDO(バルド)と同じ会社 株式会社エヴァンジェリストジャパン プロダクト が製造をしています。とんでもなく、高反発なフェース面となっており、CT値が310超えとなっています。CT値310超えですから、反発係数0.8352以上くらいであろうと推測できます。反発係数だけで考えてみると、一般的に市販されているドライバーよりも、20ヤード以上、30ヤードくらいは飛ぶであろうと推測されます。

ページ上に戻る

 

ヨネックス ロイヤル イーゾーン ドライバー


※GDOギアカタログ

ロイヤル DTPドライバーの後継モデルとなります。シニアゴルファーでも280ヤード飛ばすことができたという話題のドライバーです。ヘッドにの45%がカーボンを使用しています。もともと、ヨネックスというメーカーはテニスラケットやスノーボードなども作っており、カーボンの取り扱い方、カーボンの開発に長けています。カーボンに関する知識や経験などをゴルフクラブに活かしているのだろうと思います。

そして、飛ぶ秘密としてはシャフトが長いということが大きく影響しているように感じます。シャフトの長さは47インチとなっています。シャフトが長ければ、ヘッドスピードは速くなりますし、力強いインパクトを迎えることができます。

ページ上に戻る

 

飛ぶドライバー 2017年 最新モデル総括

飛ぶドライバーの殆どが、クラブ総重量が軽くなっており、振り抜きやすい設計となっています。また、フェースはシャローフェースとなっているモデルが多いです。シャローフェースであれば、スイートエリア近くでボールが打てるからです。

飛ぶドライバー、飛距離が出るドライバーの殆どは低重心となっています。低重心だからこそ、スイートエリアの少し上でボールを打ちやすくなり、低スピンなボールを打つことができます。低重心+低スピン は 殆どのドライバーに採用されている構造です。

各メーカーから公表されていない、重心深度、重心距離などを気にするようにすると良いです。重心深度が深いドライバーは、慣性モーメントが高くなり、直進性が高くなります。また、重心距離はボールの捉まりに影響をしてきます。高反発なので飛びます。試打レポート記事もありますので、併せて読んでみてください。

 

飛ぶドライバー の 定義 まとめ

 

今使っているドライバーよりも飛ぶこと

ただ、飛ぶだけではなく、平均的に飛距離アップできるドライバーであること

寛容性のあるドライバー / 優しいドライバー

寛容性のあるドライバーはスイートエリアが広がっており、ミスヒットに強い。当たりが悪くても、それなりに飛んでくれるようなドライバーが最適です。

シャフトの能力を活かせるドライバー

ヘッド性能も大切ですが、自分のスイングに合ったシャフトを選ぶことが大切です。硬すぎず、柔らかすぎず、シャフトがしっかりと撓って、自分のスイングに足らない部分を補ってくれるようなシャフトを選ぶこと。

ロフト角

ロフト角の数字が小さいと、飛ぶというイメージがありますが、実際のところボールが上がり難くなってしまうだけで、飛びません。自分のスイングパワーに合わせて、打ち出し角度を高くできるロフト角を選ぶこと。

高い反発

フェース面の高い反発でボール初速アップさせることができます。フェース面の反発を高めるのは、ヘッドスピードを速くしたときと同じような効果があり、ボール初速がアップして飛距離アップできます。

 

低スピンなドライバーのメリットとデメリットという記事も読んでみて下さい。また、飛距離が出ないのはスライスボールばかり打っている可能性があります。 つまり、ドライバー の スライスを治すだけで飛距離アップができる ということです。
長尺ドライバーはスライスしない?

 

ボール初速の速いドライバーを選ぶ

飛距離アップをしようとしたときに、ヘッドスピードを速くしようとします。ヘッドスピードを速くするというのは、ボール初速をアップさせるためです。最近のドライバーは、総じて弾きが強く、ボール初速をアップさせようというアイデアが詰め込まれています。インパクトでの打点が少しズレても強い反発でボールを弾くことで、ボール初速をアップさせようとしています。