人気の高反発ゴルフドライバー おすすめリスト

高反発は、やっぱり飛びます。飛ばすには、フェース面の反発係数が高い方が良いです。人気のある高反発ドライバーをまとめましたので、高反発ドライバー選びの参考にしてください。
 
人気の高反発ゴルフドライバー おすすめリスト 目次

 

 

高反発ゴルフドライバーの反発係数に関して

高反発ゴルフドライバーの最大の特徴であるのが、フェース面の反発係数が高いという点です。SLEルール(ゴルフ規則)では、フェース面の反発係数は 0.83以内と定められていますが、高反発ゴルフドライバーの殆どが、反発係数0.83超えとなっています。高反発にすることで、ボールを強く弾いて、飛ばすことができます。

SLEルールが制定される以前は、普通に高反発ドライバーが販売されていましたし、普通に高反発ドライバーを使っている人も居ました。ルールで定められていないので、自由度が高かった時代でした。

現代は、SLEルールが制定されてしまったので、反発係数0.83を超えるような、高反発ドライバーは、正式な競技で使えないということとなり、少しずつですが高反発ドライバーは、使ってはいけないという考えが広まっていきました。

高反発ドライバーは、ルール違反、非公認クラブだから使ってはいけないという考えは間違ってはいませんが、仲間達との遊びラウンドであれば、使っても問題ありません。正式な競技で使うことができないということです。

 
目次に戻る

 

 

高反発に関する注意点

高反発ゴルフドライバーのフェース面を肉薄化することで、反発を高めています。肉薄化するということは、フェース面が薄くなることですから、使用頻度によっては割れやすいという点が懸念されます。ですから、高反発ゴルフドライバーの殆どは、ヘッドスピードが遅いゴルファーが使うことを前提として作られています。ヘッドスピードが速い人が使用すると、フェース面が割れてしまう恐れがあるからです。

多くの高反発ドライバーが、ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーが使用するとフェース割れの可能性があると注意事項に記載されていることが多いです。

ヘッドスピード40m/s以下、ヘッドスピード38m/s以下くらいのゴルファーが使用すると、高反発の威力を発揮することができるとされていますので、注意してください。

 
目次に戻る

 

 

高反発ゴルフドライバーの総重量

非力なゴルファー、ヘッドスピードが遅いゴルファー向けに作られていることもあり、クラブ総重量が軽くなっています。重くては、非力なゴルファーでは振り回せないからです。クラブ総重量を軽くすることで、振り易くして、速く振れるようにしています。
 
目次に戻る

 

 

ハヤブサ ドライバー ビヨンド

 
シャフト長目めとなっていることとライ角がアップライトで、とても構えやすくて、捉まるボールが打ちやすいです。フェース面の反発係数が 0.83超えの高反発となっているだけではなく、捉まりの良さをも追求しており、曲がらず、真っ直ぐに飛ばせる高反発ゴルフドライバーです。どんなに高反発でもスライスしてしまえば、それだけで飛距離ロスしてしまいます。高反発でボールを強く弾いて、真っ直ぐ飛ばすことで、高反発ドライバーの本来の威力が発揮されます。飛距離不足に悩んでいるゴルファー、ヘッドスピードが遅いゴルファー、非力なゴルファーに向いています。フェース面の耐久力もありますので、フェース割れの心配がありません。

捉まったドローボール+高反発でキャリーとランを出して、飛距離アップできます。
来週のコンペで勝てるかもしれませんね。

2017年7月 夏の高反発ゴルフドライバー HAYABUSA BEYOND 試打動画

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】

 
目次に戻る

 

 

ZEUS IMPACT 高反発ゴルフドライバー

 
もともとヘッドサイズが大きいのですが、白色のヘッドでさらにヘッドが大きく見えるので、構えた時に安心感があります。フェース面の反発係数も高くなっており、非力なゴルファーでも飛距離アップができるドライバーです。ヘッドの体積は、485ccです。超高反発ですので、ヘッドスピード42m/s以下の人推奨となっています。ある程度のヘッドスピードが出せる人が使用するとフェース面が割れてしまうことがありますので注意が必要です。ヘッド体積485ccとなっており、超デカヘッドです。反発係数は、0.851 となっており、超高反発です。

 
目次に戻る

 

 

カタナ VOLTIO NINJA G 880Hi GOLD ドライバー

 
ゴールドのヘッドとなっており、ゴージャスで高級感のあるドライバーとなっています。見た目だけではなく、フェース面の反発係数も高くなっており、ヘッドスピードが遅くても、ボールを弾いて飛ばすことができます。反発係数0.880となっており、ルールで定められた、反発係数0.83を余裕で超える高反発となっている、超高反発ドライバーです。故にヘッドスピードが遅いゴルファー向けとなっています。ヘッドスピード 42m/s以上の人が使うと、フェース面が割れてしまうことがありますので注意が必要です。

 
目次に戻る

 

 

ワークス ゴルフ ハイパーブレードシグマ プレミア ドライバー

ヘッド体積460cc、反発係数 0.86となっており、ルール適合モデルを余裕で超える高反発となっています。ヘッドサイズが460ccとなっており、一般的な従来のドライバーと同じヘッドサイズとなっていますから、違和感無く、振っていくことができる高反発ゴルフドライバーです。

 
目次に戻る

 

 

プロテック ゴルフ スーパーマン Hyper HR 超高反発ドライバー

 
ヘッド体積460cc、反発係数0.885となっており、超高反発ドライバーです。ヘッドのデザインは、クラシカルな雰囲気があり、懐かしさのあるヘッドとなっています。ドライバーの名前通り、スーパーマンに変身できるドライバーです。それほどに、高反発でボールを強く弾いて飛ばすことができるドライバーです。ゴルフ場で飛距離合戦のスーパーマンになれるかもしれません。

 
目次に戻る

 
 

高反発ゴルフドライバー 関連記事

飛ぶドライバー 2017年|高反発ゴルフドライバー